I HAVE A DREAM

I HAVE A DREAM

スライド01

つながりと6次産業で地域と農産物のブランド力アップへ。

こんにちは。神奈川県西湘地区の小田原市から参りました守屋佑一と申します。

私には夢があります。

これは夢物語ではなく、実現できる夢だと信じています。

本日は、その夢の第一歩となった実績の発表をさせていただきます。

実績発表に入る前にまず、自己紹介をさせていただきます。

私は、1988年に生まれました。

母方の実家は青森で専業のリンゴ農家,

私が生まれた頃は祖父がミカン農家の兼業農家。

そして父は主に牧場経営の流れから受け継いだ牛乳屋を営んでいます。

スライド02

スライド03

高校は農業高校に進学。このときは具体的に農業でなにかをしようという考えはなく、農業の高校ですが、普通科に進学し、野球に明け暮れていました。練習は厳しく、毎週のように合宿があり、練習の一環で身体作りのために米を食べるという練習があり、食について色々考えるようになりました。

スライド04

その後、大学に進学し、高校野球のコーチを経験しながら勉強に励みました。

就職が決まってからは日本中に旅行していろんな地域の特産品を見ることによっていま、行っていることの土壌ができたような気がします。このころから農業に具体的に関心をもち、定期的に祖父の農業を手伝うようになりました。また、食生活アドバイザーという資格を取得しました。

スライド05

大学卒業後はJAかながわ西湘に入組し、直売に興味を持ち、マーケティング指導や直売向け講習会を開催しました。また、湘南ゴールド味のぷっちょというお菓子の企画をさせていただいたり、東日本大震災で被災した農家の支援に派遣していただくなど、大変貴重な経験をさせていただきました。

休日には大学の時に引き続き、家の農業も手伝い、農家としてJAかながわ西湘の青壮年部久野支部にも入部し、地場野菜の出荷組合やとうがんの出荷など組合員としての活動も積極的に行いました。

今年の3月には農協を退職し、現在、農業と牛乳屋のかたわら地域の農産物キャラクターを利用した観光商品の企画や地元新聞でライターなどさまざまな分野を行う兼業農家です。

農家としては各種みかんと直売用野菜、また、自身の畑とは別に仲間と茶の栽培を行っております。

スライド07

これらの経験のなかから繋がりが生まれ、本日発表させていただく実績が実現しました。

本日は、この吉田島レモンサイダーという農産物の6次産業化商品について発表させていただきます。

スライド09

この商品は、わたしが企画し、父の経営する株式会社森永牛乳小田原販売より今年の9月に発売しました。

吉田島というのは、わたしの出身高校である、神奈川県立吉田島総合高校。5年前までは吉田島農林高校という名前でした。私は先ほどお話ししたように高校を卒業してからも部活のコーチなどを行っており、その後、農協に入ってからも自主的に農業の知識を得るために高校に足を運び先生から話を聞くなど交流がありました。

始まりは今年の春、奇しくも私の退職間際のことでした。

先生から、吉田島総合高校をPRするような果実のよい使い道はないか。使い道があれば吉田島総合の生徒が栽培したレモン果汁を譲ることが出来るのだが・・・と相談を受けたのです。

私は農協在職時に行った企画や学生時代に全国の特産物を見て回った経験から地域をPRするための6次産業のアイデアを常日頃から考えていました。

そうしたなかで、もう一つの故郷である青森で、八戸水産の生徒がつくった秋刀魚の水煮や九州を旅していた際に農業高校の生徒が企画した商品を見たことが強く頭に残っており、農業高校の生徒が栽培した果実を使用した商品は売りになる。そう思い、吉田島のレモンでサイダーを作ろうと先生に提案しました。

商品化にあたって、森永牛乳小田原販売でレモン果汁を学校から買い取り、サイダー製造を川崎の工場にお願いし、森永牛乳小田原販売としても初の自社商品として売り出すことにしました。

もちろん高校生が作ったレモンを使用したサイダーというだけでは、意味がありません。果樹の授業を選択する生徒にラベルデザインのアンケートを行い、意見を取り入れ、校章も配置しました。

吉田島総合高校にとっても、森永牛乳小田原販売にとっても初の試みということもあり、ノウハウがない中からの出発だったので、手探りの状態での商品開発でした。何度も工場に足を運び、高校生が作ったレモンを活かすため、あえて甘みを控えめにしてレモンの風味を活かしたいと伝え、何度かの試作を経てサイダーの味が決まりました。

ギリギリのスケジュールということもあり、本当に完成することができるのかとても不安でした。

しかし、先生たちの協力もあり、こうして実際に商品化することができました。

完成したその日に、工場に製品をとりにいき、まだビンが熱い出来上がったばかりの商品を手にし、自分の思い描いた商品が実際に形になったことを実感し、言葉では言い表せないくらい感激したことを覚えています。その後、学校で先生にサイダーを渡したとき、今までの頑張りを思い出し、目頭が熱くなりました。

POP用の写真撮影を学校で行ったときには、サイダーを見た生徒たちが口々に「すごい」と、とても喜んでくれたことも印象的でした。

スライド15

大人の私にとってもとても嬉しいのです。高校生は、自分が栽培したレモンがこうして味わえることで、もっともっと嬉しかったに違いありません。

完成してからはサイダーを手に営業。これは農産物にも言えることですが、いくらいいものができたとしても、売れないと意味がありません。せっかく作ったのに売れず、大赤字になってしまうのではないか。

そんな不安とは裏腹に、好調な売れ行きで、発売から2ヶ月で12店舗での販売。そして製造量の約80%を販売することができました。

吉田島総合は創立108年の伝統校ということもあり、地域にファンやOBが多く、取り扱い店舗からもOBの方が購入していくことも多く、地域に愛されていると伺いました。

また、地域のフリーペーパーや農業新聞をはじめとする新聞社計6紙に掲載され、インターネット上でも話題となり、一躍新たな足柄土産として、吉田島の地名と高校、そして地域の農産物をPRする商品となりました。

少しはお世話になった母校に恩返しができたと思います。

しかし、このサイダーを商品化したのは、恩返しのためだけではありません。小田原ではすでにご当地サイダーがありましたが、足柄上郡にいまだはなかったことから商業的にも成功し、収益につなげ、これを契機にさまざまな農産物のブランド化へ繋げられるのではないかと考えたからです。学校や地域に貢献するだけではなく、しっかりと収益を生む。それは地域や農産物を発展させていくために大事なことです。

スライド17

私には今回のこの吉田島レモンサイダーの実績を広げ、実現したい夢があります。

神奈川県西部のさまざまな農産物を掘り下げ、兼業農家として6次産業から農産物と地域のブランド力をアップさせること。

私の住む小田原とまわりを取り巻く南足柄市、足柄上下郡にはまだまだ眠っているストーリーのある農産物がたくさんあります。たとえばキウイフルーツは足柄上郡の山北町が日本での栽培の走りでありますし、みかんや梅も地域固有の品種と古くからの歴史など特色のある農産物です。

スライド19

しかし、神奈川県西部の農産物といえば?という質問をしたときに「キウイ・みかん・梅」というような答えが返ってこないのが現状です。

もっともっと神奈川県西部は農産物で地域をPRできる余地が残っています。

全国では農産物を活用し、農業が豊かで立派な観光地になっている地域をたくさん見てきました。

現在神奈川県西部は同じ農協管内でありながら、小田原と南足柄市、足柄上郡、下郡はばらばらに観光作りをしているように感じます。

しかし、そのルーツはもともと一緒です。実は明治4年には足柄県というひとつの県でいまの農協管内はひとつの行政体でした。

新しいことを行うのももちろん大切です。しかし、このように地域に根付いたものを掘り起こし、このエリアに良い農産物があるというイメージを作り上げ、自身の農産物や盟友たちの果樹などを使用して、私の憧れであるポンジュースのような全国に名をとどろかせるような神奈川県西部の名産品をつくりあげていきたいです。

そして、農産物ブランド力を高め、一大観光地としての地域を打ち出し、農業と地域をもっと活性化させ、農業における知名度や収入を上げることにつなげたいです。

神奈川県西部の小田原と南足柄市、足柄上郡、下郡には農産物だけでなく温泉・お城・海・山・歴史など全国に誇れるものをたくさんもっています。それらを活用し、観光地として他の地域のモデルケースとなること。その成功事例が広がれば日本全体の農業と地域が豊かになる可能性を秘めています

スライド22

そのためには、もっと地域の人たちへの農産物のPRの必要性も感じています。

そのために、地域の交流施設であるおやすみ処を活用して同じ支部の青壮年部の盟友たちと直売イベントを企画し、実行しました。

スライド23

イベントは好評で、収益にもつなげることができました。その後もさまざまなメンバーで数回開催し、地域で採れている農産物をPRすることができました。直売をするとお客様からこんな素晴らしい農産物がこの地域にあったのかという声をきき、やはり6次産業による通年での農産物のPRの必要性も実感してきました。

牛乳屋の店先にも直売所をつくり自身の農産物や地域の6次産業商品を集め店頭にて見せる販売もスタート。

また、ライターとして青壮年部の支部の盟友たちの農産物をPRする記事を地元紙に書くなどメディアの力も使ったPRも行いました。

農産物は「食べる」ということ以外に地域のブランド化につなげるためのさまざまな可能性を感じ、たくさんの農産物のキャラクターをつくりだし観光商品にする取り組みや、梅まつりというイベントにも積極的に協力してインターネットを使用したPRにも協力。

スライド25

高校でできた繋がり。農協に入り、青壮年部に入部し、さまざまな活動を通してできた繋がり。これらの絆が私を支え、いろいろなことを形づくっていくことができました。

私一人では知識もやれることも少なく、ただの脆弱な兼業農家ですが、今後ともみなさまからいただいたご縁と絆を活かし、感謝の気持ちを忘れずに、地域や仲間とのつながりをもとに担い手の一人としてしっかりと収入を得て、地域農業を盛り上げていきます。

そのために現在のようにさまざまな仕事を農業と絡め、兼業農家としての特色を生かしながら活動を行っていきます。

農協での経験も活かしてさらに一歩ずつしっかりと力をつけてもっと良い繋がりをつくり、わたしを育ててくれた地域と諸先輩方や農協にも恩返ししていきます。

今、今回発表した吉田島レモンサイダーのように盟友たちの作っている農産物も含め地域にある果樹を誇れるストーリーのある6次産業商品の企画を行っています。

この吉田島レモンサイダーはそのための第一歩です。

「私には夢があります。」

ご静聴ありがとうございました。

スライド28

正月登山のすゝめ 金時山・明神ヶ岳

DSC_0062

お正月こそ登山。僕はこの5年間のうち4度ほど元旦に登山をしています。基本正月以外もいつでも登ってます。誘っていただければいつでも山にみなさんをお連れします。

さて、お正月と言えば欠かせない初日の出。皆さんはどこで初日の出を拝んでいますか。大晦日のお酒が残り、夢の中で初日の出を拝むという人も多いかもしれませんね。

しかし、やはり1年の最初に初日の出を見て気持ちを新たに目標を立てることによって、大きくその年の過ごし方が変わってくるというものです。

普段は日の出る時間に寝ている人も、このときばかりは日の出を見てみませんか。

初日の出は見る場所もとても重要です。なにも遮るもののない高い場所からの初日の出はまた格別。

今回は過去にブログで紹介した「金時山」「明神ヶ岳」での初日の出を拝むポイントや注意点などをお教えします。お正月に山を登るときの参考にしてみてください。

小田原から登れる地元登山で代表格なこのふたつの山は低山で短時間で登れ、なおかつ景色も富士山と街が一望できて最高ですが、手軽な山とはいえど、やはり冬山。気をつけないといけないことが多々有ります。

金時山は普段登る場合、車で足柄峠を越えてギリギリまで山に近づき、片道1時間かからないコースがおすすめ。しかし、例年12月下旬には雪が積もります。

小田原人は雪予報の天気予報でもだいたい雨ということでとかく雪への耐性がついていません。ここらでは珍しいくらい峠のほうでは雪が深くなりいつもと同じようにギリギリまで車でいくことは絶対にやめましょう。ではどこから登ればいいのかというと、峠よりはだいぶ下に位置する地蔵堂から。

ここであれば、小田原と気候に大差もなく、安心して挑むことが出来ます。しかし、山頂からは距離があり、2時間半から3時間は見ておく必要があるので初日の出を目指す場合は、必然的に真夜中の出発。

必ずヘッドライトを装備しましょう。ヘッドライトというと少し敷居が高く感じるかもしれませんが、ワークマンで1500円程度あればLEDのものが購入できます。雪があるといっても、特別深いわけではないので、靴は雪山用のものやアイゼン(靴につける歯)はなくて大丈夫です。

そして山頂につくとたくさんの人の姿に驚くと思います。実は金時山の山頂では毎年元旦に日の出とともにお隣静岡の小山町が毎年デザインの異なるピンバッチを無料で配布しています。しかも、金太郎のゆるキャラの着ぐるみまでいるおまけつき。

DSC_0072

このピンバッチ、ファンが多くコレクターも存在するので欲しい方は早めに行って並んでおくと必要があります。登っている間は暖かいですが、山頂で待っている間はかなりの極寒。防寒対策も過剰なほどしておいて損はありません。

もうひとつの地元登山スポット、明神ヶ岳。

実は僕的にはこちらでの初日の出のほうがオススメ。

以前、紹介したときは市内の久野からの登山を推奨しましたが、お正月登山として推奨したいのは南足柄市最乗寺からのルート。最乗寺はこの辺では一番の初詣スポット。普段は車で直接行けますが、元旦から三日ほどは、途中の道路から通行止めになっているので、駅からバス(正月は夜中も運行)または富士フィルムのグランドの臨時駐車場から運行されるバスに乗っていきます。並み居る初詣客を横目に、初詣をせず。奥の院横の登山口から明神ヶ岳山頂を目指します。

こちらも所用時間が3時間ほどなので、金時と同じようにヘッドライトなどは必須。このルートは木が多いからか、日当たりの影響か金時よりは雪も少なく歩きやすいです。けれどそのぶん金時はたくさん人がいるのでなにか事故があっても助けを呼べますが、こちらはそれができないので注意してください。頂上に着くと、金時山の喧騒とは違い、人がまばらにいるだけ。

DSC_0069

だけど、それが良いんです。落ち着いて初日の出を見ることが出来ます。

また、下山したあとに初詣を改めて最乗寺で行い、出店の食べ物で栄養補給をす

ることもできますし、最乗寺からは歩いておんりーゆー(温泉)もるので、初日の出からの初詣、初風呂と正月を満喫できます。そのあと温泉で仮眠して一杯、なんてのはもう至福のとき。

金時山と明神ヶ岳。どちらも甲乙つけがたい名山です。

初日の出で色鮮やかに映し出される富士山。これだけで新年から縁起がいい気がしますね。今年の初日の出は是非山頂で初日の出を見て一年の計をたててみませんか。

「箱根駅伝を応援するこやわた会」がボランティアスタッフを募集中!

小田原市民ならだれでも正月は箱根駅伝にくぎ付けですよね?自分は毎年ういろうさんのそばで箱根駅伝を見るのが恒例なんですが、今年はここで見ようと思ってます。っていうのもここ、いきつけの整体であり小田原絵巻自販機設置予定でありで縁が深いんですよね。みなさんもここで一緒に箱根駅伝をみませんか?

ちなみに僕は1月17日の市内一周自治会対抗駅伝に出ます。こちらも熱い!

近づく箱根駅伝の季節。先駆けて「箱根駅伝を応援するこやわた会」がボランティアスタッフを募集中!

毎年沿道で実にたくさんの人が応援する箱根駅伝。実は個々人での応援だけでなく、有志による応援団体が存在することはあまり知られていない。

887562_963123490426119_1538989318675760528_o

市内小八幡3-18-1にある整体院ブルーウェーブの高田ひさえ氏が主宰する「箱根駅伝を応援するこやわた会」は来年お正月で11年目を迎える老舗応援団体だ。
こやわた会はただ団体で応援するだけではなく、様々な趣向を凝らして観客たちを楽しませている。餅つき、ポップコーンを観客に無料提供し、出場全校の旗を合計100旗以上並べている。なかでも毎年大人気なのは箱根駅伝のオリジナルグッズが当たる抽選会。これはなんと各大学からこやわた会に無償提供されたここでしか手に入らないグッズが当たるということもあって、人気の企画となっているのだ。今までは箱根駅伝グッズのみであったが、来年は賛同する企業が協賛し、小田原ゆかりのグッズも当たる予定。近くの沿道にいる方々は誰でも抽選会に参加することができる。

12091398_963130303758771_4775156651185554765_o

 

(商品はかなり豪華!ファンにはたまらない!)

これらの企画はすべて有志のボランティアの方々が毎年準備から片付けまで一生懸命行っているのだ。そんなこやわた会だが趣旨に賛同し、協力を行ってくれるボランティアスタッフを募集している。10年を超え、現状のスタッフもだんだんと高齢化してきたが、これからもずっと続く会になってほしいと高田ひさえ氏は熱く語る
そのため新たにスタッフの募集を行っているのだ。

高田氏の想いにはランナーの襷だけでなく、応援の襷もしっかりと後進に繋げる。ファンも選手も一体化し、箱根駅伝が未来永劫小田原の地とともにあるように。そんな願いが込められている気がした。
連絡先は08030877695高田氏まで。

10989097_963123020426166_4106070375319458539_o

広大な久野を探検しよう!完成!小田原里山マップ!

広大な久野を探検しよう!完成!小田原里山マップ!

久野会の有志の方々が素晴らしいマップを作りました!それにしても久野は広い!!
DSC_2151
広い小田原市の中でもその大半をしめる久野地区。そんな久野地区の南エリアを紹介するマップがこのたび完成した。南エリアは昔より林業が盛ん。さらに辻村植物公園やわんぱくランド、フォレストアドベンチャーなどなど遊べるスポットがたくさんある
里山マップの表面には久野らしさを表した優しいデザインの地図が。ところどころに久野の特徴が記されていて、久野に生息する動物なども描かれている。
裏面はわんぱくランドの所長や大山材木店、辻村氏、森林組合職員などによる久野南エリアの歴史や課題が記されている。また、里山についての説明もしっかり書かれていて読み物としても面白い。夏休みはこの地図を片手に久野南エリアを冒険しよう!
作成は久野会という有志団体。現在この地図はフォレストアドベンチャーやさがみ信用金庫久野支店などで入手することが出来、今後設置場所も増えて行く予定とのこと!