今年も小田原の畑に有害鳥獣出没中。

DSC_3521小田原の街中にシカやイノシシが・・・

最近、市内久野の低い部分の畑で農家によりシカが目撃された。今までは、もっと標高の高い山間部にしかシカは現れなかったのに・・・と不安な面持ちであった。その数日前には箱根湯本駅のそばで市内在住の宅配業者によりイノシシも目撃されている。業者も同様の感想で、髙いところではイノシシはよく目撃するが、湯本駅に近いこんな場所では初めてと驚きを隠せない様子であった。

実は近年、小田原市ではシカやイノシシによる農産物被害があとを絶たない。理由は様々であるが、農業離れによる耕作放棄地の拡大や山にエサが少ないことなどが挙げられる。

現在の被害はまだ農産物だけであるのが不幸中の幸いだが、このまま町の付近に出るようならそうも言ってられない。なぜなら、人間への直接な被害が及ぶ可能性があるからだ。基本的に野生動物は臆病であり、人間をみるとすぐに逃げてしまうことが特徴ではあるが、箱根などで罠にかかったイノシシにとどめをさそうところ、反対にイノシシに体当たりをされて大怪我をしまった人なども存在するほどで興奮した動物にはなにをされるかわからない。シカにはヒルも多くついていてそれがまちに蔓延してしまう可能性も大いにある。

昨年1月には、イノシシ3頭が井細田駅のすぐそばで目撃され、テレビの全国ニュースにも取り上げられるなど、近年まちでの動物目撃情報が多々あり、小さな子ども達にも危険が及ばないか心配が大きい。

他にも、ネコがゴミ捨て場を漁ってたと思ったらハクビシンだったとか、アライグマのような動物が道路を横切ったなどさまざまな動物がまちでも目撃されている。これらの対抗策として、行政が有効な対応を行っているとは言い難い。人に被害があってからでは何事も手遅れだ。一刻も早い対抗策を行政には期待したいところだ。

県でも農家に狩猟免許などの取得を推進しているのだが、神奈川県では保健所が厳しく、狩猟したイノシシなどを農家が肉としてお金を稼ぐために販売することは難しいということだ。ここらへんも改善されれば、被害も大きく減るのではないか。

まちと農業が近くなるぶんには良いことづくめだが、動物だけは嬉しくはない死活問題である。

畑でハシゴが盗難されました。

ついに一年の集大成12月に突入し、うちの畑でも毎日毎日ミカン収穫の日々を迎えております。

DSC_3586

あまりに収穫しすぎて、先日寝てる間に収穫の夢をみて、起きると右手はハサミを握っている形になっていました。

で、うちの畑なんですが以前「農業の隠れた問題2」でも書いたようにあまりの立地の良さに農産物盗難が普段からめちゃくちゃ多いです。

で、そんな泥棒野郎が今回やってくれました。農産物に飽き足らず、今度は5メートルのハシゴをもってきやがった!うちのミカンの木は古く、ハシゴを使用しなければ高いところを収穫することができません。これは本当に痛い。

というか一般の人があんな大きなハシゴを使うとは思えないし、以前書いたようにやはりプロの仕業・・・

DSC_3580

 

うちの祖父もこんなんなって落ち込んでました。まじで後の絶たない泥棒。

ミカンが終わったら対策を・・・でも、そんな非生産的なことに時間とられたくない・・・

皆様も畑での盗難は本当にご注意を。

今年は少ないと思ってたイノシシもミカンの時期に計ったように来襲して裾のミカンを食い散らかしてるし、ミカン農家に逃げ場無し!って感じ。

畑のミカンを何気なく食べちゃう人。それも商品。万引きと同じですよ。

鶏小屋に望まれぬ来訪者。

昨年5月にヒヨコを購入し、畑の隅に簡単な小屋を設置し、毎日毎日餌をやっています。

昨年11月よりは卵を産むようになって、美味しく頂いております。

しかし、ここ3週間くらい、卵がありませんでした。年をとると卵の生みが悪くなりますが、まだうちの鶏は1歳になったばかり。

原因を解明しようと近所の養鶏農家に相談に行き、餌が悪いということになりました。確かに餌を変えたタイミングと同じくらいから卵を産まなくなったような・・・

いま使っている、屑米ではかえって脂がつきすぎてだめみたいです。

これでまた、餌を変えて新鮮卵ライフを、と思いおとといいつものように餌をやりに畑にいった所、そこにはもう一つの衝撃の真実がありました。

その光景をお見せしましょう。

DSC_1784

鶏がいつもより暴れているので、おかしいと思い、小屋を開けたところ、僕はフリーズしてしまいました。ご覧の通り、蛇がいたのです。それもただいただけでなく、鶏が卵と糞を排出するお尻の穴に顔を突っ込んでいるのです。蛇はこの状態で息ができているのか・・・おそらく、このだめな餌を使用している間もきっと少しは卵を産んでいたのでしょう。しかし、それらはこの蛇が毎日食べてしまっていたのではないでしょうか。そして、お腹が減って我慢できなくなった蛇は卵をダイレクトで食べるために、鶏のお尻に顔を突っ込んだと。

それか、まさかありえないとは思いますが、この数日間、鶏の体内に住んでいた可能性も・・・

とにかく、このままじゃいけないと思い、草取り鎌で攻撃しました。ウネウネ動く蛇の尻尾に擦り、その衝撃で蛇が穴から出てきました。ハンターのはしくれ。絶対に仕留めるつもりで攻撃しましたが、素早い動きであっという間に草むらへ。

鶏小屋の点検をしましたが、ハクビシンやイノシシにやられないように巻いているネットなどに穴は見つからず、おそれく柔軟性を活かして、小さい穴か小屋の蓋の隙間から入ってきたのではないかと思われます。

実際、いまのところなにも蛇対策がとれていません。鶏のためにも、卵のためにもなにか良い対策があればいいのですが・・・