5月31日のうらちょうフェスで小田原絵巻ブース出店!

うらちょう商店街へと生まれ変わった栄通り商店街で5月31日(日)うらフェス初開催!

緑町駅から錦通りへと続く商店街が今年の4月より旧町名の浦町を使用し、うらちょう商店街と名前が改められ、新しい動きが見られている。

同商店街は昨年2月より様々な事情が重なり、街路灯が消灯しているが、今年復活することが決定。その設置を記念して5月31日(日)の11時より商店街を歩行者天国にして様々なイベントが行われる。当日は商店街加盟店が特別メニューや出し物をする他、昨年4月に結成された小田原アイドルぷらむ○ガーデンやテレビのモノマネ番組で活躍中の阿倍剛氏やジャズバンドが登場。お子様向けの出店も充実している。
また、小さいお子さん持ちの方にも嬉しい赤ちゃんの授乳・おむつ替え用の部屋も用意され、ミルク用のお湯も利用できる。
そして、小田原絵巻ブースも出店し、6月発売予定の新グッズ先行販売と塗り絵を配布!

image

31日は少し懐かしい商店街うらちょうへ足を運んでみよう。

小田原絵巻キャラクター案募集中!

20130830 梅丸探求記1

なぜ、このブログが梅丸キャンプかというと、自分がやっているいろんな活動の原初が梅丸についてだったから。ここでは、なぜ、梅丸の活動をしているか当時の記録を振り返ってみよう。

image

2013年8月30日。自分がまだ幼き頃であれば、例年この時期は夏休みの宿題に追われ泣きそうになっていた。しかし今はもう社会人。

この日、私はときめき小田原研究会のメイン活動である梅丸復活に向け、休暇を利用し調査を行った。

小田原市役所
この日までの間に、梅丸のTシャツを利用して小田原をPRしたいということで電話や申請書を提出するなど地道な活動を行っていた我々研究会ではあるが、市とのやりとりを繰り返すなかで一向にTシャツとして利用できる見込みはついていなかった。
そのため、私はTシャツを作るために必要なことを確認し、進展させるために直接担当者様に話を伺いに行ったのであった。

その前に電話で言われたことや申請書の通らなかった理由のおさらいを。
・営利目的ではダメ。
やはりTシャツということで、販売目的が第一と思われたのかこのようなことを言われた。確かにお土産屋などで梅丸のTシャツが購入できれば素晴らしい話。余談だが私は、旅行先のお土産屋を巡るのが大好きで、その中でも面白く、私服で着用できそうなTシャツがあればついつい購入してしまう。小田原人として、小田原のお土産屋でポップで私服でも着用出来そうなTシャツがあれば、常に小田原を背負えると思う。現在、小田原のお土産屋で購入できるTシャツは文字メインの北条五代Tシャツのみ。しかし、販売のために作るのは私たちではなくプロの方々が行うことで我々はあくまでPRのため。
・団体ではない個人には梅丸の使用許可を出せない。
一回目の申請書提出時点では、研究会名ではなく自分の名前だけで提出をしてしまったため、現在研究会名で再提出を行い結果待ちの最中である。
・使用期間の明記。
・・・これは実に難しい。Tシャツということで、着用していればPR。だから本音は常にPRのため着用していたい。(永久?)しかし、現実問題、洗濯やもちろん他のTシャツを着用することもあるので明確な使用期間は難しい。主に着用するイベントを記載しておこうかな。

と、これらが大体の内容であった。
では、どうすれば小田原PRのための、そして梅丸復活のためのTシャツを制作する許可が降りるのか?この日は、担当者様にそれらも含めアドバイスしてもらおう!というのも目的の一つであった。

さて、小田原市役所受付で案内され、無事に担当部署にたどり着いた私は申請書を送っていただいた時の封筒に名が記されていた担当者様の名前を告げてみた。どんな人であろう。やはり初めての人と会うのは楽しみではあるが少しの緊張も生じるものである。

結果・・・担当者様は会議のため、不在!!!
残念だがしょうがない。
しかし、せっかく市役所まで来たのだがらこのままでは終われない。
梅丸の利用について来庁した旨伝え、担当者様への言伝をお願いしようとしたところ、奥から別の職員の方が!
やはり梅丸についての話、職員の方々も興味があるのか・・・

そこで、Tシャツにするための話をして、どうすれば出来るのか質問をいくつか行った。
その職員の方も担当ではないので即答は出来ず、市役所の内規に従い協議を行い、許可をするかどうかを決めるということであった・・・
今一、Tシャツが作ってもよいのかどうかスッキリしない結果となってしまった。

他に、梅丸について調査を行っていくなかで、大きく疑問を抱いたことがあったのでせっかくのこの機会に質問を行ってみた。

上記にあるように、以前梅丸は営利目的等では使用を許可できないと自分は伺っていた。のだが、調査のなかで、梅丸が使用されたロマンスカード、段ボールの営利目的で使用している事例を発見したのだ。
これはどういう経緯で作成され、販売されたのか伺うと、やはり担当者が代わっていることもあり詳しくは分からないとのことなのだが市が有益性が高いと感じるとケースバイケースで対応したこともあるとのことであった。・・・肝心のどういうケースがいいのか具体的なことは聞けなかったが、なにしろ古いお話。この職員の方も分からないのは本当であろう。

しかし、営利目的より我々のPRのためのTシャツ作成のほうがハードルが低いような感じはする。・・・一歩近づいたのか?
梅丸がTシャツに使えるかどうかは再提出した申請書をもとに今一度、内部で協議を行いご返答頂けるとのことであった。

こうして市役所での成果は担当者不在ということもあり、大きな成果が得たとは言い難い結果。
しかし、我々の調査はここでは終わらない。このあと、市役所を飛び出し、様々な情報を得て、梅丸復活に近づいたという実感がもてた。

下中たまねぎオーナー園収穫祭!

下中の若手農家が主体で行っている下中玉ねぎオーナー園に取材にいきました。

農協職員だった昨年までは仕事で行っていましたが、また違った視点でみることが出来て楽しかったです。
個人的にこの取り組みは都市農業のかなりの成功事例かと思います。

なにより下中玉ねぎは甘さ抜群でかなり美味しい!
以下、記事!

5月24日(土)市内下中地区でたまねぎオーナー園の収穫祭が行われた。

オーナー制度とは、区画ごと消費者が買い取り、期間内にその区画で収穫された作物は全て区画購入者のものになるという制度だ。市内ではほかに、みかんオーナー制などが行われている。普通のオーナー制度は収穫のみだが、下中たまねぎオーナーは毎年11月に定植もオーナーが行うという特徴がある。

image

下中たまねぎは、認定要件を満たし、かながわブランドの一つにも選ばれており、通常のたまねぎに比べ、甘みが濃いのが特徴。特に生のままサラダで食べる食べ方が人気

image

だ。

下中たまねぎオーナー制度が始まって10年以上が経つが、オーナーのなかには1年目より毎年区画を購入している方もいるほどリピーターが多い。

今年も約300人がオーナーとなったが、8割以上がリピーターで、一人で複数区画を購入する人がいるほど大人気だ。

同オーナー園は若手を中心に複数の農家で管理等を行っている。同オーナー園の沼田和也さん曰く「今年は冬の寒さの影響もあり、たまねぎの大きさはこぶりだが、一般的にこぶりのほうが糖度が高く、料理にも使い切りやすいとかえって評判がよい」とのことで、収穫しているオーナーたちの笑顔も印象的だった。ここ数年は収穫日自体を収穫祭と銘打ってイベント化。商工会や地域のジェラート屋など様々なで店がならび、下中地区の様々なものが楽しめる地域の一大イベントとなっている。下中地区には、まだまだ酪農家も多く存在し、会場には牛も登場。オーナーでない人も楽しめるイベントだ。

image

下中たまねぎは、朝ドレファ〜ミ♩成田店・ハルネ店の他、各地の郵便局でも購入の申し込みができる。

この機会に甘さが絶品の下中たまねぎを是非ご賞味を。

小田原絵巻百景第25話 もみちゃん

image

地域の新聞社日刊神静民報道で毎週水曜掲載の小田原絵巻小説版。

なんやかんや第25話が今週掲載しました。

25話はお米のもみがらのもみちゃんがとある夢を叶えるために決意します。

もみちゃんも登場の新小田原絵巻グッズは6月頃登場予定!

小田原絵巻は随時キャラクター案募集中!

自己紹介1

image

自己紹介。どうして僕がいろんなことをやっているのか、これを読み進めればわかるかもしれない。とは言っても、せっかく自分個人のブログ。細かく細かく、何回にもわたってやってくので完結はいつになることやら。

昨日も少し触れたが、僕は自分でもなにを答えればいいか戸惑うくらいにいろんなことをやっているし、背負っている。地域のこともやるし、旅もするし、山にも登るし、農業もするし、商売

僕は1988年5月19日。所謂昭和最後の年の5月に青森で産まれた。

青森で産まれたのは、母親が僕を産む際、里帰りをしたからであって、基本的には産まれも育ちも小田原と答えている。

父と母がどうして出会ったのかはよく知らないが、母は大きなリンゴ農家で、父親は小さなみかん農家なのでさながら世にも珍しいリンゴとみかんのハーフなんじゃないかと自分では思っている。

みかん農家と書いておいて唐突だが、それは祖父の話で父は牛乳屋を営んでいた。町の小さな牛乳屋だ。

育った家は牛乳屋の母屋の2階。これまた趣のある建物だ。

いまだからこそこの家の雰囲気に愛着があると言い切れるが、幼い頃はこの牛乳屋がぼろっちくてどうにも嫌だった。

同級生たちは今風の新しい一軒家に住んでいて、自分の部屋を持っている。それはとても羨ましいことだった。

だから成人したら一人暮らしをしたいといつも思っていた。

しかし、いま、僕はトーチズとしてこのビルをリノベーションして拠点にしようとしている。

人生とはなにがとう繋がるか予測不可能だ。だからこそトーチズが発足した。その出会いもまた、不思議な縁があるのだが、それはまた別の機会としよう。

小学生の時にはまっていたのはミニ四駆、ポケモン、ジャンプ、コロコロコミック、プロ野球、小説と一般的な小学生。

毎日ズッコケ三人組とシャーロック・ホームズシリーズを図書室で借りて読んでかなり感化された。

スターウォーズ、ペッツなど少しマニアックなコレクションにもはまった。

特にミニ四駆はコロコロ公式の大会のドレッサーコンテスト(外見を競うコンテスト)で入賞したり地方大会で優勝するぐらいするぐらいはまっていた。

今では機械に恐ろしいほど弱く車にもあまり興味はないが…

そう言えばひとつ自分でも印象深いエピソードがある。

当時、プロ野球カードが流行っていて、僕もプロ野球チップス、BBMカードと箱で買っていた。

少しだけ多趣味な僕は今と同じで色んなことに手を出したくて、それでは小学生のお小遣いじゃ全く足りなかった。だから、プロ野球カードの売買を友人同士で行った。コロコロコミックに載っていた情報をもとにし、それよりうんと安い値段をつけた。イチローは何円、松井は何円。

高くても1000円もつけていなかったと思う。カードショップでは5000円とかするカードをだ。だからかなり良心的だし、

無理矢理売り付けたわけでもないんだけれど、ある時親にばれてものすごく怒られた。

ただ、今でもあれは商売を学ぶいい基本だったんじゃないかと思っている。

そしてそのせいで、いまでもうちには1999年頃のプロ野球カードが大量にある。

ただ、この経験はいまに 続きを読む 自己紹介1

梅丸キャンプ

いきなりですが、昨日27歳になりました。
27歳、まさか自分がクワトロ大尉と一緒の年齢になったなんでびっくりします。
僕は小田原市民の守屋佑一と申します。小田原はそれはそれはいいところで、海あり山ありのいい場所です。

そこで僕はいわゆる地域活性化を目標にいろんなことをやっています。

色々やりすぎてて、なにをしているかぱっと答えられないことが多々あるので、その活動の1つ1つを集約させたキャンプ場をつくりました。
特に今年の3月に仕事をやめてからはさらにどんどん広げまくっている所存です。

ざっといまやっていることを書くと、kouminkan cafe、小田原絵巻、トーチズ、西湘タイムス記者、牛乳屋専属食生活アドバイザー、農家、ときめき小田原研究会、観光商品開発プランナー、…そして他にもたくさん。

とりあえず、このキャンプ場に訪れていただければなにかしらわかるかと。そのなかから、参加したいキャンプがあるかたはアプローチしてみてください。
基本的に毎日更新する予定です。
そのなかには昔のブログの再掲載もありますが笑

しばらくは、自己紹介のヒビになるかも…それでも気がつけばいろんなキャンプが始まっているはずです。

宜しくお願い致します。

2015年5月20日
小田原市民
守屋佑一

image

小田原の英雄梅丸と。