S__2506754

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol,5「満天バーガー」


SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol,5「満天バーガー」

湘南ゴールドエナジー 黄金の体験 Vol.5「満天バーガー」

ハンバーガーは洋食だと思い込んでいないだろうか。

固定観念をぶち壊し、新たな世界に挑戦することは黄金の体験だ。

湘南ゴールドエナジー販売店でもある天ぷら専門店「満天」(神奈川県足柄上郡大井町金子1764-1)で和風ハンバーガーが5月27日試験的に販売された。

「満天」は非常に質の高い様々な種類の天ぷらを自由に選びしかも無制限で頼むことができる「贅沢丼」という看板メニューを提供している。

この丼だけでも十分に質がよく素晴らしいのだが、今回は黄金の体験を求めてかハンバーガーに挑戦したのだ。

ハンバーガーもただ天ぷらを入れただけの和風ハンバーガーではなく、黄金の体験にふさわしいこだわり抜いた原材料を使用している。

バンズは地域で人気のパン屋「パン工房ジョイ」のもの。

それに鶏もも肉のかき揚げがはさまれている。

かきあげには小田原市久野の「峯自然園」で栽培されている原木しいたけが使用され、同じ久野で自然栽培を行う「春夏秋冬」の卵、にんにく、パクチーを使用。

そして、セットとして湘南ゴールドエナジーがついてくるのだ。

S__2506754

出来立ての温かいハンバーガー。通常であるとハンバーグが入っているところを揚げたてのかきあげとなっているので齧った瞬間にふわっとしたパンの柔らかさとカリッとしたかき揚げの食感で素晴らしいメリハリが楽しめた。

そして春夏秋冬の卵の天ぷら。実はこの卵、超高級卵なのだが黄身の味が濃く、かきあげと絡まり最高だった。

そして湘南ゴールドエナジーでそれらを流し込む。

にんにくなどと相まって身体中からエナジーが湧いてきた。

まさしく、黄金の体験ができるハンバーガー。

このハンバーガー、いつでも食べれるのかと思いきやそうではなく、現時点では限られた時にしか食べれないようだ。

しばらくは、贅沢丼を楽しもう。

お腹いっぱいの午後を眠くならないように湘南ゴールドエナジーもご一緒に。

黄金の体験を。

UMEMARU Inc.代表

湘南ゴールドエナジーエグゼクティブプロデューサー

守屋佑一

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト

湘南ゴールドエナジーとは

湘南ゴールドエナジーがドン・キホーテで買える。

湘南ゴールドエナジーがローソンで買える。

ニューアキンドセンターで紹介されました。

湘南ゴールドエナジーは1周年を迎えました。

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト、続々。

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.1The Boots Blood

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.2「デニムマン」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS Vol.3「Cycle Days」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.4「松下靴店」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.5「峯自然園」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.6「石澤商店」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS Vol.7「小田原お堀端 万葉の湯」

GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.1「早朝金時山登山」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.2 「Craftmanship 」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.3「テンナインフェス 」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE  Vol.4 「湘南ゴールド収穫」

SHONAN GOLD SPORTSマラニック Vol.1 秋の湘南・小田原編

SHONAN GOLD SPORTSマラニック Vol.2 秋の足柄・小田原編

湘南ゴールドエナジーイルミネーションin時之栖

農業の問題シリーズは日刊神静民報にて不定期連載中です。

農業の問題4

農業の問題3

農業の問題2

農業の問題1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>