KIMG1685

梅丸復活秘話4


動画投稿サイトのyoutubeで「アニメ 小田原夢祭り」と検索してみてほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=wx2VILbLYFY

KIMG1685

貴重な動画を見ることができるだろう。この動画は梅丸が誕生した当時小田原がTVKなどに流していたテレビCM。アニメで描かれた梅丸が多彩な表情を見せ、有名声優に声を当てられ喋っている。今でさえこんな先進的なことをやっている自治体はそう多くはないだろう。小田原は新しいことを嫌うということをいう人も中にはいるが、実は小田原はこんなに先進的なことも出来るのだ。

さらには最近発掘されたこの動画。なんと熱湯コマーシャルにも梅丸が登場している。

https://www.youtube.com/watch?v=DhQ4S-fG1e0

これだけではない。かつて、小田原城には大きな梅丸の山車が市役所に展示されていたことを覚えている方はいられるであろうか。

私はよく覚えている。たくさんの子供達が山車に登って遊んでいた。私は登りたかったのだが、まだ当時3歳か2歳。親に諌められ、乗ることは叶わなかった。いつか登ろうと思っていたが、いつしか梅丸の山車は姿を消した。

世にも珍しい一度消え、復活したご当地キャラクター梅丸。彼はどのようにして再び小田原に舞い降りたのか。その秘密に迫る衝撃連載第4弾。

山車のようにいつしか梅丸は姿を消した。市役所の壁や歩道などその痕跡を少しだけ残して。おそらく、1993年頃には姿を消したのではないだろうか。この理由は諸説あるがそのうちひとつに囁かれているのは首長の変更。梅丸を活用していた山橋市長が任期中に亡くなってしまい、首長が変更した。

そのときに方針が転換されたのではないかということがひとつ。そしてもうひとつは、当時の情勢だと町をあげてご当地キャラでなにかを盛り立てようという気運が小田原に限らず、まだ行政や市民の間になく、普通にときめき夢まつりの終了とともに使用をしなくなったということか。(もっとも、さまざまな話を聞くと、梅丸は当時からお土産に活用していたし、市民は梅丸に思い入れもあり、愛してもいた。一度滅びたからこそこの感情が増幅された可能性もあるが、市民は梅丸で町おこしをしたかったのではないか。)こうして、2013年に公式に梅丸が復活するまで梅丸は姿を消していたかに見えた・・・が、どうやらそうではなかったようである。梅丸のことを忘れていない団体は確かに、いた。

続く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>