KIMG0898 (2)

下曽我駅前に梅まつり限定でアンテナショップがオープン!


2月6日(土)に開園した第46回小田原梅まつり。

今年は開花が順調で、開園当初から観梅に訪れる観光客が多く、好調な滑り出しです。

そんな梅まつりに今年、新たな試みとして空き店舗を利用したアンテナショップが設置されました。その名も「曽我の駅前物産店下曽我駅前茶屋」

場所は小田原市曽別所808の元は米穀店があった建物を利用しているそうです。

この取り組みは、下曽我の有休農地を利用し、新たな農業のスタイルを実践する小山田氏、川久保氏を中心として展開されている取り組みで、梅まつり中の土日祝日にオープンしています。。同店に置かれている商品は上記の有休農地のミカンを利用したオリジナルジュースやオリジナルブレンドの足柄茶、地域の木材を使用した器などのオリジナル商品、蜂蜜、イチゴなどひたすら地域のものにこだわり置かれていて、普段からこういうお店が小田原にあればいいのにと思えるような素敵な仕上がり。

KIMG0893 (1)

今回、梅まつりのために設置された同店舗ですが、そのセンスは抜群で外観や内装ともにまるで何年も前から下曽我駅前にあったような外観。内装も棚やテーブルなど地域の木材を使用していて、とてもマッチしています。場所も駅前の一等地ということもあり、梅まつり開園日の6日にすでにお客の姿が絶えませんでした。

下曽我駅周りは決して普段からたくさんの人で賑わっているというわけでは決してありません。しかし、梅まつり期間中は本当にたくさんの人で賑わいます。常に空き店舗を活用して「何か」行うというのはなかなか難しいですが、このように人が来るイベントだけでもピンポイントで空き店舗を活用できれば、それだけで地域は活性化します。特別にお金をかけ新しいことを始めるのではなく、その地区にもともと存在するものを有効活用しているこの取り組みは、今後の梅まつりの名物となるような期待感を感じられました

梅まつりに足を運ぶ予定のある方はぜひとも一度覗いてみてはいかがでしょうか。

もちろん、中河原会場「曽我・うめ処中河原」にも是非足をお運びください!

KIMG0898 (2)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>