S1020036

箱根駅伝を応援するこやわた会2016


S1020036

小田原のみならず、日本中のお正月の一大イベントといえば箱根駅伝。毎年沿道には県内外から多くの人が観戦に訪れます。

かくいう僕も、毎年選手が来る2時間前から中継所のメガネスーパー前に陣取っています。今年は、縁があり知り合って協力させていただいている「箱根駅伝を応援するこやわた会」を準備から手伝い、一緒に観戦させていただきました。

箱根駅伝を応援するこやわた会は全校満遍なく応援している唯一の応援団体。観戦客にもちつきや甘酒を振る舞うなど、毎年大盛況。なんと11年目。

こやわた会では、特定の大学だけでなく、出場全校からの旗を集まり、道路に一斉に掲げます。

さらに地元の太鼓保存会が演奏することもあって、走る選手たちにも多少は聞こえたのではないでしょうか。

また、例年の目玉としての箱根駅伝出場校から提供されたオリジナルグッズが当たる大抽選会にも観戦客が集まります。特に箱根駅伝の常連、駒沢大学の帽子は多数提供されたのか、たくさんの人が当選し、かぶっていました。駒沢監督といえば、キャラクター性も抜群の大八木監督が有名で小田原にもファンが多く、当選した方々は喜んで帽子を被り、駒沢大学の旗の前で記念撮影などをしていた姿が印象的。僕も大八木監督の熱い叫びが大好きです。

S1020009

こんなにたくさんの商品が集まるのも、10年以上続けたこやわた会と大学の信頼関係がしっかりとあるからですね。

レースの行方はというと、青山学院大学が途中から独走し、往路、復路共にレースを制しV2。2位の東洋大学に約2キロ差と力を見せつけた。しばらくは箱根駅伝は青山学院の時代かもしれません。

さて、レースが終わったあとも箱根駅伝フィーバーは少しだけ続きます。生で見た一流選手たちの実力に感化されてか、市内ではランニングしている方が一時的に増える傾向にあります。自分の印象ですが笑

子供達の姿も見受けられ、彼らの中から未来の箱根駅伝選手も出るのではないかと期待できますね。ちなみに僕はほぼ毎日走っていますので、逆にこの日走って箱根駅伝に感化されたと思われるのが少しだけ嫌です笑

そんなこと思っている人はいないかもですが笑

1月10日には真鶴半島駅伝、1月17日にはおだわら駅伝、3月には尊徳マラソンやオレンジマラソンなど大会が目白押し。

箱根駅伝だけでなく、こちらもぜひ沿道から声援を送ってみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>