DSC_0062

正月登山のすゝめ 金時山・明神ヶ岳


DSC_0062

お正月こそ登山。僕はこの5年間のうち4度ほど元旦に登山をしています。基本正月以外もいつでも登ってます。誘っていただければいつでも山にみなさんをお連れします。

さて、お正月と言えば欠かせない初日の出。皆さんはどこで初日の出を拝んでいますか。大晦日のお酒が残り、夢の中で初日の出を拝むという人も多いかもしれませんね。

しかし、やはり1年の最初に初日の出を見て気持ちを新たに目標を立てることによって、大きくその年の過ごし方が変わってくるというものです。

普段は日の出る時間に寝ている人も、このときばかりは日の出を見てみませんか。

初日の出は見る場所もとても重要です。なにも遮るもののない高い場所からの初日の出はまた格別。

今回は過去にブログで紹介した「金時山」「明神ヶ岳」での初日の出を拝むポイントや注意点などをお教えします。お正月に山を登るときの参考にしてみてください。

小田原から登れる地元登山で代表格なこのふたつの山は低山で短時間で登れ、なおかつ景色も富士山と街が一望できて最高ですが、手軽な山とはいえど、やはり冬山。気をつけないといけないことが多々有ります。

金時山は普段登る場合、車で足柄峠を越えてギリギリまで山に近づき、片道1時間かからないコースがおすすめ。しかし、例年12月下旬には雪が積もります。

小田原人は雪予報の天気予報でもだいたい雨ということでとかく雪への耐性がついていません。ここらでは珍しいくらい峠のほうでは雪が深くなりいつもと同じようにギリギリまで車でいくことは絶対にやめましょう。ではどこから登ればいいのかというと、峠よりはだいぶ下に位置する地蔵堂から。

ここであれば、小田原と気候に大差もなく、安心して挑むことが出来ます。しかし、山頂からは距離があり、2時間半から3時間は見ておく必要があるので初日の出を目指す場合は、必然的に真夜中の出発。

必ずヘッドライトを装備しましょう。ヘッドライトというと少し敷居が高く感じるかもしれませんが、ワークマンで1500円程度あればLEDのものが購入できます。雪があるといっても、特別深いわけではないので、靴は雪山用のものやアイゼン(靴につける歯)はなくて大丈夫です。

そして山頂につくとたくさんの人の姿に驚くと思います。実は金時山の山頂では毎年元旦に日の出とともにお隣静岡の小山町が毎年デザインの異なるピンバッチを無料で配布しています。しかも、金太郎のゆるキャラの着ぐるみまでいるおまけつき。

DSC_0072

このピンバッチ、ファンが多くコレクターも存在するので欲しい方は早めに行って並んでおくと必要があります。登っている間は暖かいですが、山頂で待っている間はかなりの極寒。防寒対策も過剰なほどしておいて損はありません。

もうひとつの地元登山スポット、明神ヶ岳。

実は僕的にはこちらでの初日の出のほうがオススメ。

以前、紹介したときは市内の久野からの登山を推奨しましたが、お正月登山として推奨したいのは南足柄市最乗寺からのルート。最乗寺はこの辺では一番の初詣スポット。普段は車で直接行けますが、元旦から三日ほどは、途中の道路から通行止めになっているので、駅からバス(正月は夜中も運行)または富士フィルムのグランドの臨時駐車場から運行されるバスに乗っていきます。並み居る初詣客を横目に、初詣をせず。奥の院横の登山口から明神ヶ岳山頂を目指します。

こちらも所用時間が3時間ほどなので、金時と同じようにヘッドライトなどは必須。このルートは木が多いからか、日当たりの影響か金時よりは雪も少なく歩きやすいです。けれどそのぶん金時はたくさん人がいるのでなにか事故があっても助けを呼べますが、こちらはそれができないので注意してください。頂上に着くと、金時山の喧騒とは違い、人がまばらにいるだけ。

DSC_0069

だけど、それが良いんです。落ち着いて初日の出を見ることが出来ます。

また、下山したあとに初詣を改めて最乗寺で行い、出店の食べ物で栄養補給をす

ることもできますし、最乗寺からは歩いておんりーゆー(温泉)もるので、初日の出からの初詣、初風呂と正月を満喫できます。そのあと温泉で仮眠して一杯、なんてのはもう至福のとき。

金時山と明神ヶ岳。どちらも甲乙つけがたい名山です。

初日の出で色鮮やかに映し出される富士山。これだけで新年から縁起がいい気がしますね。今年の初日の出は是非山頂で初日の出を見て一年の計をたててみませんか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>