DSC_1747

小田原登山2!久野から明神ヶ岳。


小田原から登山、という文化がなかなか根付いていないので、根付かせようと地味に活動中。前回は金時。今回は明神ヶ岳。こちらは小田原の久野から登れる純正小田原登山。実は金時よりフェイバリット。今度ここにも登頂ノートでも仕掛けておこうかな。

小田原から登れると言いつつ最上寺から初詣がてら登るのが本当は一番好き。

みなさんにも登ってほしい。登りたいかたお声がけください。

今回は、金時山に比べて少し中級者向けの山の紹介だ。

久野の奥地、和留沢から直で登ることのできる明神ヶ岳。頂上に山小屋があるわけではないので、金時山ほど人はいないが、登山愛好家の中では隠れた人気がある。金時山と同様に富士山の眺望が良いのはもちろんだが、こちらは金時山より小田原よりにあるということで、頂上手前では市内が一望できる。まちに流るる酒匂川をはじめ、小田原のまちの形がありありとわかる。

ただし、登山するには少しだけ注意が必要だ。金時山ほどメジャーな山ではないということ。また、明神に登山する人はほとんどが南足柄の最上寺か箱根からの登山。せっかく久野という市内から登れる山ではあるが、この登山道を使用する人はほとんどいないので、この時期は草が鬱蒼とし、歩きにくく、登山道を示す看板が見にくい箇所もある。

必ず長袖長ズボンで登ろう。

また、距離も少し長く片道約2時間なのでしっかりと水分も持参したい。

明神は金時山、明星ヶ岳の真ん中に位置する山。体力に自信のある方はここから縦走し、違う山に登っても面白い。

DSC_1747

この日は景色が悪かった。少し寂しい頂上。

熱中症に気をつけ、様々な面から小田原登山を楽しもう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>