55161

ネパールレポート4 標高約4000m!カリンチョーク登山(3月3日)


遂に標高3842m。富士山より高いカリンチョークへのトレッキング。

予定通り4:30に起床し、5:00に出発。

出発前に飲んだ生姜と砂糖を入れた紅茶がとても美味しかった。

ネパールは紅茶の産地でもあり、この飲み方を良くする。

標高が高いがネパールは暖かいのでそんなに寒くない。

寒い年の元旦の明神ヶ岳や金時山くらい。

装備もその辺の山と登る時と同様のもの。

上はワークマンの防寒のインナーにパタゴニアのダウン、モンベルのアウター、ネックウォーマー。

下はタイツにトレイル用のチノパン。

靴はアシックスのランニングシューズ。

これで大した問題はない。

ただ一つ反省点として

ランニングシューズで行ってしまい下りが滑ったのと、前日街を歩いた時に雪が溶けかけているところにズボズボ入って乾ききらなかったので足元が冷たかった。(はしゃいで濡れてなければそこまで大きな問題では無かったのだが。ちなみにマルちゃんと正太郎もメッシュのランニングシューズだった。)

それと今回のメンバーは全員ノーアイゼンだったが、もしアイゼンを持っているなら持って行った方が良い。

ちなみにマルちゃんはシューズに針金を巻いたオリジナルの簡易アイゼンを付けていた。

これは冬の金時山登山とかで真似してみたい。持ち運びも取り付けも用意だし本当にすべらなかったら凄く良い、

ちなみにカリンチョークにはケーブルカーで頂上へ行くことができる。

55161

我々が出発する頃にはまだケーブルカーが動いていなかったが、帰りには動き出していた。

登っている時にラムが「帰りはケーブルカーを体験したい・・・」と呟いた。

山頂には寺院があるので、ケーブルカーの上の駅の周りにはお供え物を販売する売店がある。

歩き始めて80分ほどで頂上。本当に金突起山くらい。コース的には足柄峠側に似ている。タイム的には金時神社レベル。

S__13828111

富士山より標高が高いので空気の薄さは感じるが。

登り始めより吹雪いてきて天候は雪だったので山頂からヒマラヤは見えず。

S__13828108

55162

晴れて入ればガウリキサンカなどの7000m超えの山などが見えるとのこと。

無念。

日本には無いような標高の山々。容易に登ることはできないが、これらを眺めることは軽トレッキングでも可能。

この辺がネパール弾丸登山ツアーの一つの売り。

このカリンチョークも富士山より高い日本では出来ない体験。SNS映えする書き方をするなら標高約4000m

そして下り。我々が登り始めた頃は全然人が登っていなかったがこの頃になると、ケーブルカーの営業も始まり、多くの人が登り始めていた。

ネパール人だけではなく、ヨーロッパ系の人々も何人かいた。

ラムは本当にケーブルカーで下った。

ケーブルカーがあるので、この弾丸登山、山登り初心者にも自信を持ってお勧めできる。

下山して朝食。少し休んでカトマンズに向かう。

雪が多くて下から車が来ないということで途中まで泊まって旅館の主人と息子を乗せて行く珍道中。

帰りは寄り道少なく帰ったので6時間ほど。相変わらずのガッタンガッタンだったが行きより慣れたか。

この日は夜はマロン社の側の普通の飲み屋でディナー。

ポップコーンやフライドポテトなどのチープなおつまみがカレースパイスに少し飽きてきた身体に嬉しかった。

ネパールの小ネタ 食べ物事情

ネパールの食事は基本的にインド文化。どの食べ物にもカレー風味のホットソースがついていたりかかっていると言っても過言では無い。ハンバーガーもカレー風味だし、餃子みたいなチキンモーモーにもホットソース。フライドポテトもカレー風味だった。基本的にどれも辛い。1回目にネパールに行った時は初めてのネパールでテンション高めで後半まで飽きなかったが今回は序盤からカレー風味がきつくていろんなものを食べた。

それとヒンドゥー教の国なので牛は食べない。

鳥料理がほとんど。ヤギとかも食べるが普通の店は鳥ばっか。

ネパールで普通に食べれるカレー風味では無いものもたくさんあるので紹介する。

・インスタントヌードル

割といろんな味があって楽しめる。カリンピークに向かう途中の街道のお店で食べたヌードルは香草が効いた薬膳スープみたいなもの。帰りの街道沿いでもお昼をヌードルにしたのだがまんまチキンラーメンみたいな味。(というか確実にチキンラーメンだと思い、袋を見せてもらったが違った)

カリンチョークの麓で泊まり軽食で食べたものはキムチたっぷりの辛ラーメンだった。

・卵料理

オムレツやゆで卵はプレーン風味。

ネパールのご飯はかなり炭水化物が多くバランスが偏るのでタンパク質補給の意味も込めて卵料理は積極的に食べたい。

・フルーツ

果物はもちろんカレー風味では無い。そこらかしこに露店で販売している。バナナは原種に近いのか皮が剥きにくく甘み抑えめ。みかんはポンカンみたい。美味しい。

・パン

食パンなどは日本で売っているものとあまり変わらない。ジャム付けて食べると美味しい。

旅の後半は醤油が恋しくなるので、醤油せんべいなど持っていけばよかったと思った。

次回訪問の際にはそうする。

というか醤油自体持っていきたい。チキンモーモーに醤油とか多分めっちゃ合う。

ピザとかもレストランのメニューでよくあったがラム曰くネパールのピザはドロドロしていて美味しく無いとのこと。

前回は後半2日くらい醤油味が恋しくなって帰国してすぐに吉野家に飛び込み牛丼を食べた。

弾力のあるお米に醤油ベースで煮込んだ牛肉が本当に美味しかった。

日本の料理は向こうのカレーと同じくらい醤油だらけ。

これを書いているのは帰りの飛行機の機内だが帰国後何を食べようか本当に迷っている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>