スクリーンショット 2019-03-01 07.51.27

ネパールレポート1 プロローグ(2月28日)


ネパールレポート1  プロローグ(228日)

20161月に私はネパールを訪れた。

この時は、高校の先輩方9人と共に。

その先輩方と言うのが、60代から70代と歳は少し離れているのだが元々、登山を中心としたグループで昔は6000m級の山やマッキンリーなど登った方々などが多くいてネパールもこの旅で8回目とかいうツワモノ揃い。

さらに農業高校出身らしく、皆農家で、農協の組合長経験者や現職の農業委員会会長たちが揃っている。

このような方々との旅だったので、普通には出来ないバラエティ溢れる旅となった。

空港にて待っていたのはマロントレックスというネパールのツアー会社の社長、ラム。

先輩たちは毎度ネパールでの旅はラムのお世話になっているということであった。

この旅はただの旅ではなかった。

なぜなら旅行の間、政府の関係者が付き添っている。

別にやましいことをしたんではなくて、ネパールは農業が遅れていて仕組みややり方などを教えて欲しいということで各地の農業組合を周り、話や指導をして交流した。

農業機械なんてなく、ボロボロの鍬を使用していたりしていた。

そして毎日酒宴する中でラムと私は意気投合し、なんだかんだあってマロントレックスの日本での仕事を少し手伝うことになった。

その後、ラムは営業で何度も日本に来てミーティングを行った。

そして3年経った今年、ラムがもっと私に手伝えることがあるのでまたネパールに来て色々と見て欲しいとせがまれ、なんとか仕事の都合をつけて行くことにしたのだ。

特にネパールはエベレストのある国でマロンのメイン商材はトレッキングツアー。

と言っても高所のものではなく、割と気軽に参加できる軽トレッキングであった。

それでもルートによってはエベレストが一望できたりする人気のツアーだ。

ネパールは元々標高が高いので軽トレッキングでもそこそこの高さに登れる。

今回は前回できなかったトレッキングも行い、ネパールの知見を深めようとのことだったので、いつも金時山に一緒に登っている元祖湘南ゴールドエナジーサポーターの鋼鉄選手、ヘビィメタルプロレスラーFUMAさんを誘った。

ネパールへは20193月現在、日本からの直行便がないということで行き方はいろんな国を経由して行かねばならない。

このため移動でとても時間が取られる。

20161月の前回は羽田空港からタイ経由。

この渡航方法は、アクセスの良い羽田空港から夜中の便で出発する。

ただ、タイでの乗り換えでの待ち時間が長く退屈(8時間あるので、ガチればタイ国内も見れるのは魅力的)なのと夕方には小田原を出なければならないので、仕事を早めに切り上げなければいけないことから返って効率が悪い。

そこで今回は成田空港発、マレーシア経由を選んだ。

マレーシア経由はタイ経由より少し安く、飛行機に乗ってる時間こそ長いが、乗り換えも割合スムーズだし、午前中に成田空港を出発するので前日極限まで働くことができる。

それに私は移動時間は嫌いじゃない。本を読んだり書き仕事をしたりかえって効率がよくいろんなことを進行させることができるからだ。

手続きを考えると朝一で成田空港なので前日夜中に車で行こうかとも考えた。

それなら下道で行けるからコスパも良い。飛行機代が安いと言っても電車だと成田までの交通費が高いのでトータルで見るとタイ経由とそんなに変わらないと本末転倒だ。

どのようなルートが良いか色々調べたところ大崎駅に朝6:00から1000円で成田行きのバスが出ている。

安いし楽だ。このため朝の4:30に小田原発の電車にのった。

どうせ移動で寝れるので寝過ごさないためにも朝まで調べ物や仕事をしていた。

そして成田に着きマレーシアへスムーズに出発。

実はその調べ物をする中でマレーシア航空について、遅延率が恐ろしいほど高く色々悪い記事が多くあったので出発するまでドキドキしていたが問題なく出発。

ちなみにFUMAさんはさらにエクストリームに中国経由をチョイスしていた。こちらは全部含めて24時間というものすごい行程だがその分コスパも最高最強であった、

そしてマレーシア着。マレーシアについてはなーんにも調べてなかった。どうせ乗り換えの3時間滞在するだけだしその3時間も空港のWi-Fiを使用しメールなどを返すことに明け暮れるので別にいいかと思って。

マレーシアは33度あってリサーチを何にもしていない私はパーカーに山用のウインドブレーカーといった格好で地獄のような暑さであった・・・

ここも難なく乗り換えし、ネパールへ。

この時空港でラムに電話したらFUMAさんの乗っている中国経由の飛行機は大雪の影響で中国に引き返しているとのことだった。心配してもしょうがないが、中国側はWi-Fiが使用できないのか昨夜から連絡が繋がっていない。

そして、ネパールに到着。

マレーシアの乗り換え中の間でネットで手続きを済ましたVISAの画面を見せて中学生レベルの英語でなんとか手続きを澄ました。(ネパールでは観光客が行くようなところでは英語が分かればなんとかなる)

空港のWi-Fiが使用できたのでラムにメッセンジャーで連絡するが出なくてちょっと不安に。

空港出て周辺でウロウロしていたらラムから声をかけて来た。びっくりしつつも一安心。

ラムの家に車で向かう。

空港の駐車場が広くコンクリートが綺麗に敷かれていて、以前来た時こんなだったかと思いラムに質問すると最近できた駐車場だという。

以前来た時も同行した方々が前に来た時より道路がよくなっているとのことだったが、今回ラムの家に行くまでの間の道路は全て綺麗でまた道の舗装が進んでるなと感じた。あ、でも野良犬は多かった。

ラムと一緒にニラーザンというマロンの社員が同行していた。

ニラーザンはまだ17歳だが高校を飛び級し、今は4年生の大学に通っているらしい。英語はペラペラで、現在ガイドの資格の研修も終えこれからマロンを担って行く人材とのことだった。

FUMAさんとはこの時点で連絡がついていなかったので、予定を少し変更することになった。

実は次の日は朝一で山に向かい、富士山よりほんの少し高い山に軽トレッキングするはずだった。

車のチャーターなどキャンセルしてもらい、先にショッピングを色々ということに。

ラムの家に着いてから深夜だったが色々仕事のことを話した。

ラムの家は会社兼自宅のビル。

社員も住み込みでアパートとしても貸している。

日本でだって豪邸クラスだ。Wi-Fiも完備している。

空き部屋に泊まらせてもらったが綺麗で広く快適だった。

空き部屋が多くあるので民泊にする計画もあるという。

ラムは日本と違い、冷暖房が部屋にないから不便をかけると思うと私に言ったが、そもそも日本での私の部屋は冷房も暖房器具も無く春と秋以外は過ごすのが辛い。

この泊まらせてもらった部屋の方が全然快適だ。

日本では何が景気がいいかと聞かれ、マッチングアプリがすごいと説明したら、ネパールでもそういうサービスの景気がよくなっているということだった。

お見合いでの結婚が減ってきて恋愛が増えてきているらしい。

ネパールは成長期だ。3年前に来た時より物価も30%ほど上がっているとのこと。

以前来た時は貿易がうまくいっておらずガソリンを買うための行列がすごかった2日間並ぶこともざらというほど、そして渋滞もひどかったがインドとの調整がうまくいき今はそんなことがないという。

そのおかげもあって景気が上向きつつあるとのことだ。

ネパールは中国とインドに挟まれた内陸国なので貿易依存が大きい。

こんなことを話して25:00頃就寝した。

ネパールの小ネタ 通信事情(au編)

休日でも忙しい現代人にとって通信事情はとても大切だろう。

私の使っているauだが、世界中の様々な国で「世界定額」という1980円で日本と同様にスマホが使用できるサービスがあるのだが20193月現在ネパールでは世界定額が使用できない。

スクリーンショット 2019-03-01 07.51.27

au自体のスマホ自体はネパールで問題なく使用できるが、データ通信の料金が恐ろしいことになるので、必ず飛行機に乗る前にデータローミングをオフにしておく。

スクリーンショット 2019-03-01 07.51.34

これでネパールについても安心。

ちなみにデータローミングをオフにしても電話・ショートメールは受信・発信ともそのまま使える。

それと日本人が泊まるようなホテルにはWi-Fiも完備している。

3年前は1週間全てホテルだったが全てにWi-Fi完備だった。

だからビジネスマンも安心。私も3年前に来た時と事情が変わり、湘南ゴールドエナジー関連で連絡が多くそこを心配していたが、電話は使えるならば大した問題はない。

日本にいるスタッフに遠隔で指示をすることもできる。

もちろん電話は割高だが、こんな感じでべらぼうな値段ではないので安心だ。

ちなみにレンタルWi-Fiを空港で借りようかと事前に問い合わせたが、割高だしネパールでは安定して電波が入らないということでやめた。

黄金の体験を。

UMEMARU Inc.代表

湘南ゴールドエナジーエグゼクティブプロデューサー

守屋佑一

UMEMARU Inc.農業事業

農業事業ブログ

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト

湘南ゴールドエナジーとは

湘南ゴールドエナジーランニングクラブ

湘南ゴールドエナジーがドン・キホーテで買える。

湘南ゴールドエナジーがローソンで買える。

ニューアキンドセンターで紹介されました。

湘南ゴールドエナジーは1周年を迎えました。

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト、続々。

SHONAN GOLD ENERGY CSR Vol.1「大磯海岸清掃」

SHONAN GOLD ENERGY CSR Vol.2「金時山清掃」

SHONAN GOLD ENERGY CSR Vol.3「小田原城清掃」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.1The Boots Blood

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.2「デニムマン」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS Vol.3「Cycle Days」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.4「松下靴店」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.5「峯自然園」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.6「石澤商店」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS Vol.7「小田原お堀端 万葉の湯」

GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.1「早朝金時山登山」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.2 「Craftmanship 」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.3「テンナインフェス 」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE  Vol.4 「湘南ゴールド収穫」

SHONAN GOLD SPORTSマラニック Vol.1 秋の湘南・小田原編

SHONAN GOLD SPORTSマラニック Vol.2 秋の足柄・小田原編

湘南ゴールドエナジーイルミネーションin時之栖

農業の問題シリーズは日刊神静民報にて不定期連載中です。

農業の問題4

農業の問題3

農業の問題2

農業の問題1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>