DSC_1673.JPG

近くなったまちと農業6月号。「梅」


月一連載 記者コラム朝ドレ 近くなったまちと農業6月

西湘タイムスで連載させて抱いている農業コラム。小田原の名産梅の季節!梅干し漬けは意外と簡単です。是非チャレンジあれ!
個人的に梅まつり中河原会場の運営に携わっているので梅に対しては思い入れが強いです。あと農協の梅ジュースはガチればポンジュースにも負けないご当地ジュースの成功例になるとおもう!森永牛乳小田原販売で販売中!

image

以下、コラム!

6月に入り、朝ドレファーミハルネ店ではかながわブランドである梅の出荷が本格化する。特に、梅の産地である曽我の梅は全国的にも評判。その秘密は十郎という品

image

種。小田原で作られた品種で曽我兄弟の名前と元鈴木市長の名前両方が掛け合わせられている。実が大きいのが特徴で、梅干しに適している。梅干しはイメージより簡単につけられる。小田原市は毎年冬に誰でも出展可能な梅干し品評会も開催しており、朝ドレハルネ店の登場により、近くなったまちと農業。この機会に梅干しを自分でつけることに挑戦してみてはいかがだろうか。

また、6月になると夏野菜もだんだん売り場に広がってくる。量販店と直売所の大きな違いは、その四季により、売り場の配置が大きくかわるところ。いましか食べれないものを食べて、農業を感じよう。

季節のものが楽しめる農産物直売所朝ドレファーミハルネ店。来月はいよいよ本格化する夏野菜特集。生産者にも話を伺う予定なので、お楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>