11年前の今日は大学4年生の思い入れ深い夏休みの下道九州弾丸旅行の最終日。

11年前の今日は大学4年生の思い入れ深い夏休みの下道九州弾丸旅行の最終日。

https://note.com/torches/n/n3402cee7b5c1

いろんな旅行をしたけれどこの旅行は特に思い入れがあるし、2015年に文章で思い返したログがあるのでこうやって当時行った日付で毎年思い起こす。

いろんなローカルカルチャーに触れ、今自分がやっている湘南ゴールドエナジーを中心としたことはこの度の影響が多大だ。

面白いことをやり続けたい。面白いことを提供し続けたい。面白い商品を作りたい。

その時確かに思った感情を過去を振り返ることで明確に思い出す。そしていろんなことが結びついて昔通った感情も今また思い起こすことで新たなアイデアが一気に生まれる。

過去は変えられないけれど、その全てが今やっていることにつながっているのだからこうやって過去を振り返ることはとても役にたつ。

自分が弾丸旅行大好きになったのは高校野球をしていた時分、公立高校であったにも関わらずゴールデンウィークに無茶苦茶なスケジュールで岩手へ1週間合宿に行ったり毎週土曜朝3時に学校集合して全国の強豪校と練習試合に行きそのまま合宿、日曜の深夜に学校戻りなんて弾丸遠征を繰り返した経験が根強い。厳しいことも多かったが何より擬似的な寮生活みたいでとても楽しかった。

(外部の監督だけでどうしてこんな無茶がまかり通ったのかは実はかなりグレー、いや、非合法な通し方だったと後から聞いた。まぁもう時効だろう笑。ちなみに自分が大学の時に指導者としてこのやり方を踏襲したら先生にめっちゃ怒られた。)

おかげで11年前のこの旅行も、大人になって仲間と行く旅行もはちゃめちゃな弾丸スケジュールで立てがちだがそれについてこれるクレイジーな人間が周りにたくさんいておかげで退屈はしない。

旅行に限らずだが一度限界突破すると何事も「できる」という気持ちが強くなる。

大きなイベントを開く。大きなロットの商品を作る。長い距離を走る。山の上に納品する。夜中まで働く。仕事も遊びも全てやりたいことを無茶なスケジュールでこなす。

その積み重ねのおかげで今、たくさんの経験ができているしそしてなんとかできている。

正直なところ苦しいことも多い。しかし、こんな出来事もきっと未来ではこうして振り返れる経験になっていて振り返ることでその時にまた新たなアイデアがたくさん生まれる予感がある。

旅行をすることも憚るようになってしいまった現在だがそれでも今しかできない経験のおかげでこの1年は新たなスキルをたくさん手に入れた。

もっと今しか見れないものを見て、今しかできないことをしたい。

picture_pc_58d5982ec889231689adf42dcfde8798

黄金の体験を。

UMEMARU Inc.代表

湘南ゴールドエナジーエグゼクティブプロデューサー

守屋佑一

UMEMARU Inc.農業事業

農業事業ブログ

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト

湘南ゴールドエナジーとは

湘南ゴールドエナジーランニングクラブ

湘南ゴールドエナジーがドン・キホーテで買える。

湘南ゴールドエナジーがローソンで買える。

ニューアキンドセンターで紹介されました。

湘南ゴールドエナジーは1周年を迎えました。

マラソンが無ければひらけばいいじゃない。

マラソンが無ければひらけばいいじゃない。

昨年緊急事態宣言で暇、そしてまた少し真剣に走りたいということで毎月5000m20分切りを目指すタイムトライアルをyoutubeで行なっていました。

https://www.youtube.com/channel/UCJo66uGRhTzFeTE8wGrIJqw

これが思った以上に自分の中で面白く、また、ラン仲間たちがめちゃくちゃ協力してくれたり色んな方々のサポートがあり本当に10ヶ月で5000m23分30秒→19分36秒、体重76kg→64kg、ついでにyoutube登録者1000人オーバー達成!

色んな経験を積んで昨年はできなかったランイベントを今年はたくさん!

と思っていましたがまだまだ世情はそうもいきません。エントリーしてた大会とかお仕事で走らせていただく予定だった大会とか(マラソンライターもやってます)もガンガン中止に!

しかし、、小さなチームがやってるタイムトライアルなど実は意外と開催されてる!!

今まで収益化を考えた規模の大会しか開いて来ませんでしたし出場もして来ませんでしたが単純に走りたい人を集めて走るだけならもっとシンプルな思考で出来るのではないか。

ぶっちゃければ大会などというものではなく用は練習として集まった人たちとタイムトライアルをするだけなので許可なども入りません。

それで思いつきで先日競技場で5000mタイムトライアルを開催しました。

241925156_4804943496205078_5110882287535819551_n

前述した昨年のプロジェクトは自分が目標を達成するためにペーサーを揃えて完全なる条件でやってたけど今回は全員自分のタイムのためのタイムトライアルで、俺は突っ込んで撃沈。

でもこれがレースっぽくて気持ちいい笑

ダメな結果も良い結果も心地よい。

マラソンが無いと人生に張り合いがない。日々の刺激の糧にマラソンは確かになる。

自身で開く大きな大会も、他者が開く大きな大会もしばらくは100%の開催が保証されることはない。

だからこそ自分たちで走れる環境を作りたい。

一応商売でプラスになるようなマラソンも開いているけれど、ファンランの大会は結局はただの遊び。

生活必需品では決してない。だからこそ自分が遊べて楽しくできる形のただやりたいからという原初の感情にて難しいことは考えず、走りたい人を集めてかけっこする。

最近ライブハウスの仕組みを見てとても良いと思った。

ライブをするために用意された空間とフォーマットで日々代わる代わるのオーガナイザーが様々な企画を組んでいる。

それが商売なのだから当たり前だが、機材やスタッフが開きたいと思えば開ける環境はとても良い。大変ではあるがオーガナイザーの収益化の仕組みもある。

反面マラソンは開催のハードルが高いように感じる。

公園や競技場もランニングコースは大抵備わっているがランニングをすることはできてもライブハウスのように「マラソンを開きませんか?」という風に出来てはいない。(そもそもがマラソン専用ではないので当たり前かもしれないが)

開催のためにどんな許可が必要か、どのくらいの予算でどのくらいの設備が必要かも共有されていない。

例えば公園や競技場にマラソンに必要なタイム計測機の貸し出しなどもあって、マラソンを開きたい人が開ける仕組みが確立されていればもっと多種多様なイベントが開かれるのになぁと少し思った。

マラソンは競技人口の割にオーガナイザーが少ないのかもしれない。

ということで、どんなに小さなイベントでもやるならば生き残るために最大効率で湘南ゴールドエナジーのプロモーションに繋げたくなるのですがこの度、日頃お世話になっているスポーツサービス[CROSS×](https://crossx.tokyo/feature/210803/)さん(DANCOMMUNICATIONS運営)のご協力のもと、いきなり神奈川すっ飛ばし皇居で5kmの計測会行います!

241754428_4804944669538294_6422581827156451477_n

詳細

https://crossx.tokyo/run_210921/


実はこれ、最近youtubeでマラソン未経験者とか走ってない人たちと自分がハンデありで対戦するシリーズ(https://youtu.be/hgej0XgFQVg)の一環で本間さんとバトルしようと

集まらなくても本間さんとスタッフとバトりますので問題なし笑

このゆるい感じ、めっちゃいいですね!マラソン未経験者で走ってみたい人是非罰ゲームを賭けてバトルしましょう!笑

#マラソン #youtube #湘南ゴールドエナジー #皇居 #市民ランナー #ラン #run #running #陸上 #東京 #スポーツ #sports

黄金の体験を。

UMEMARU Inc.代表

湘南ゴールドエナジーエグゼクティブプロデューサー

守屋佑一

UMEMARU Inc.農業事業

農業事業ブログ

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト

湘南ゴールドエナジーとは

湘南ゴールドエナジーランニングクラブ

湘南ゴールドエナジーがドン・キホーテで買える。

湘南ゴールドエナジーがローソンで買える。

ニューアキンドセンターで紹介されました。

湘南ゴールドエナジーは1周年を迎えました。