youtube投稿における再現性の実験

youtube投稿における再現性の実験
昨日発売の話題のシューズ「ナイキエアズームテンポネクスト%フライニット【NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT%】」
開店前に店舗に並び、購入、その足で競技場でレビューしソッコーで編集し昨日の深夜にyoutubeにアップしました。
S__8093701
今の所、事前に手に入れた関係者やショップ店員以外の一般ランナーとしては最速レビュー疑惑。
根性出した甲斐がありました。
このシューズ、もちろん自分が欲しかったということもあるんですけどちょっと実験してみようと思ってレビューを実施しました。
maxresdefault
今年の4月にワークマンが事前に発表し話題になった厚底ランニングシューズを購入し、その日にレビューしたところあれよあれよというまに再生は伸び、現在2万2000回以上の再生数となりました。
注目を集めている商品を最速でレビューする。
こんな単純なことでこの再生数に行くのかと驚愕しました。
しかもぶっちゃけ全然動画のクォリティ高くないし。
ただ1回ではこの2万2000回再生が本当に【注目を集めている商品を最速でレビューする。】ことで到達したのか、単なるまぐれなのかは判断がつきかねるのでもう一度機会があれば実施したいなと思っておりました。
今の所youtube投稿は純然たる趣味なので、わざわざ話題なりそうな商品飛びついてレビューというより、自分が購入したいもので話題になりそうなものがあればやろうと暖めておいたところ、ナイキの話題性あるシューズが販売し、色々事前のレビューをみてたらとても良さそうなのでならば、発売日に買ってこの実験をやってやろうと思った次第であります。
アルファフライほど注目はされていないのでどこまで伸びるか、というところですが。
現在600回強。私のyoutubeにしては上々ですがこの先どこまで伸びるか・・・ワークマンシューズの再現なるか?
まぁこのノウハウが正解で再生数伸びたとしてもyoutubeは趣味で個人的に楽しいと思ったことをやっているので注目の商品レビューに走ることはしませんが。資金持たないし、何より飽きる。多分そのやり方でマネタイズできるところまで行っても商品購入代考えると全然儲からないしあくまで実験です。
本業の話ですが湘南ゴールドエナジーは知っていただいている人たちからは大変評価をしていただけますが、新たなファンの開拓、私のつながりを超える認知度の向上にとても苦労しています。
クリックさせる、見てもらう、知ってもらう、覚えてもらう、聴いてもらう、登録してもらう、買ってもらう、リピーターになってもらう・・・・これらのトレーニングに考えていろんな企画を立ち上げて実践して、実証できるyoutubeはマーケティングのトレーニングに最適です。
ワークマンレビューなんか簡単にポンと再生数はそれなりな数になりますが、それはワークマンのファンが来ているだけであって私や湘南ゴールドエナジーの認知度には一切関係ありません。
その証拠がチャンネル登録者数の少なさに顕著に現れていてとても勉強になります。
限られた時間、お金、他様々なリソースを割いてもらうことの難しさと成功した時の面白さ。
面白いところだと、みかんの剪定動画が初動は悪かったのに後にじわじわ伸びて現在2000回近い再生数。
しかも長い動画なのに滞在率も実に優秀。技術系は求めていて、流行り廃りにかかわらず検索していただけます。
mq1
反面、よくできて面白いなと思いみてくれた人からは高評価でも、再生数はものすごく少なかったり。
ゲレンデマラソン
↑これなんかよく出来てるし面白いと思うのにたったの34回再生。
↑あと最近あげた利きエナジードリンクとか
↑一部で話題沸騰の女の子に怒られてる動画とか
あとマーケティング系動画もこの部類。
反面これはそんな見られないだろーと思ったのがちょっと伸びる謎現象も。
↑私が畑でセルフ坊主にしてる動画とか
割とみてくれた人たちから面白いねーと言われるような(なおかつ自分でも面白いと思う動画)が大体再生低いですね。
これらはオリジナリティが強くて直接リンクで飛ばないと見ない、自分のことを知らない人が検索から絶対に見られないということでしょう。当たり前ですが人の商品のレビューより、自分の作ったものや考えた企画等のオリジナルが伸びてほしいのが本音です。
湘南ゴールドエナジーも、知っている人から評価されても知らない人は全く買わない。同じような問題をはらんでいますね。
私に限らずどんなに良い商品を作っても知られなきゃ売れない。
人間は知っているものしか手に取らない、目につかない。
いかにCMが大事かわかります。
ちなみに自分のチャンネル以外でもyoutubeにおける実験は色々進めています。
・代表2人会議室
これは毎週水曜にFar Channelのチャンネルでアップしているものです。
基本的にコンセプトはありません。その都度その都度姿を変え、最悪雑談です。
今年の1月から始め現在第35回。これは長く1つの番組をyoutubeで続けるとどうなるか、ということを試しています。
あとは長く続けるトレーニング的な要素も。
いくつか抜粋。
ベルロックスタート回
FUMAと金時山回
moritoさん金時山回
エレエネ回
・スタジオZRW
プライマリー1
JA経営実務という雑誌と協働している農林水産業の発信チャンネルです。
最新回ではなんと全農さんがゲストにやって来ました。
ちなみにこちらでやりたいことは農業動画の作成等々・・・
こちらも色々実験的要素を詰めておりますがちょっと長くなるのでまたの機会に別に書きます。
湘南ゴールドエナジーおかげさまで販路拡大中!
ローソン善行坂店、本鵠沼店、片瀬海岸店、平塚総合公園店等で販売開始です!お近くの方ぜひ黄金の体験を!
S__114376717

今までの文を書くお仕事をまとめました。最近また依頼がちらほら。

今までの文を書くお仕事をまとめました。最近また依頼がちらほら。

UMEMARU Inc.守屋です。

湘南ゴールドエナジーを売ったり、マラソンを開催したり自社農場で栽培した柑橘を販売したりしていますがこれらはUMEMARU inc.として法人としてのお仕事。

それとは別に、個人で文を書くお仕事をしています。

実は私、アクティブに見られがちですが幼少の頃から本が(漫画含めて)好きで好きで好きで大好きで。

最近は忙しくてあまり読めませんが

大学の終わり頃からはブクログというサイトに読み終わった本を記録しています。

https://booklog.jp/users/moreaaaa

スクリーンショット 2020-07-28 22.16.42

(人の本棚を見るのも好きです。本棚はセンスが表立って見える機会だと思っています。)

そんなんですから、最初文を書く仕事をいただけたのは本当に嬉しかったですし積み重なって最近では少しずつ文のお仕事の単価も上がり雑誌に1年連載させていただいたことなど素晴らしい経験を通じて昔描いたなりたかった自分に少しずつ慣れているこの感覚がとても心地よいです。

さて、本日は大小さまざまありますが自分が今までお受けさせていただいた文を書く仕事をせっかくなのでまとめておこうかと思います。

JAかながわ西湘 広報誌

「農産物の一歩進んだ販売方法」(2014年)

当時JAでサラリーマンをしていた時、営農部指導課という部署にいました。

広報誌の中の営農コーナーの2ページを担当していて、文の仕事したいなぁという気持ちを持っていた私はなんと勝手に(ちゃんと稟議あげてますよ)自らの連載を立ち上げました笑

営農部指導課という部署で講習会の開催していたのですが私は通常の栽培指導というよりPOP作成などの販売方法を主に指導していましてそれを文章化していました。

・神静民報

「小田原絵巻百景」

o0480048013113232932

湘南ゴールドエナジーのデザインもやっていただいているイラストレーター「漆川世文」と小田原の様々なコンテンツをキャラクター化していました。グッズも作って小田原城とかで販売していましたがこの時まだサラリーマンで全然流通の仕組みわかってなかったから今やればもう少し展開違ったな。

と、いうことで日刊新聞の「神静民報」に週に1回キャラクターをモチーフにした小説を連載していました。紙芝居と絵本と小説のあいのこみたいで壮大な伏線とか裏設定もあったんですが20話くらいで突き抜けました笑

・西湘タイムス 記者(2015~2016)

JAを退職して1年は色々やってみようと思ってた矢先に地元の新聞社「西湘タイムス」の記者を依頼され、委託で受けていました。好きに取材できたし、一眼レフ貸与されたしギャラもそこそこ良かったしいい現場だったな。

・書評ブログ「スウェーデン式ダイバーシティで日本が変わる?!」(2015

https://bunkado.exblog.jp/23585330/

これ、初めて個人で報酬をいただけた文のお仕事。

小田原にある文化堂印刷さんという企業が「スウェーデン式ダイバーシティで日本が変わる?!」という書籍を出版した際にどこからか私の噂を聞きつけ書評の仕事をくれました。

本に関わる仕事はとても嬉しいです。仕事で本読めるのも最高です。こういう仕事もっと来ないかな。

・神静民報 不定期連載「農業の問題」

小田原絵巻百景を連載していた新聞で「農業の問題」というシリーズを不定期連載していました。

JA経営実務 連載「地域を活かす農の魅力」(2019~2020)

S__1769477

S__1769478

20194月からは一気に部数が多く発行されている書籍「JA経営実務」で定期的な連載をいただきました。

この雑誌は全国のJAの主に部長以上の職員が購読しているもの。

私が湘南ゴールドエナジーを通じてどのようなプロモーションやマーケティングをしているかの実例を交えてご紹介しました。自分で言うのもなんですが、湘南ゴールドエナジーはかなりうまく地域と交わり、単なるドリンクを売るのみではなく概念を売り、他者と一緒に広がっていくを体現しています。それを1年かけてじっくりご紹介させていただきました。

・作詞

実は楽曲の作詞もしています。

Espresso BoysGold Runners

ランナーへの応援歌。Apple Musicなどで配信中です。

ここに書いた以外にもライターの登録サイトから受けた仕事が他に色々あったり、未完成になってしまっている書籍の仕事とかネットでの商品レビューの名前だしてない仕事も大量にあったり意外とたくさん文を書く仕事をいただいて来ました。

昨年のJA経営実務の仕事では、既存のものの紹介などの誰でも書けるものではなく、私の経験を紹介するという私自信しか書けない仕事でした。

こう見ると順調に仕事の単価や質がレベルアップしています。

自分の経験を紹介し、お金がもらえる仕事。

例えば自分の失敗も成功も何もかもそれを商品にできたら最強です。

世の中には失敗談が読みたい人もいる。

私が行なっている事業もこの先どう転ぶかわからない時代。

しかし、良い方向でも悪い方向でも今度はその経験を文にしてお金がもらえる可能性がある。

そのフェーズに近づいている実感があります。

この新型コロナの影響で始めたこと、経験したこと。

これらもいずれ文にできればと思っています。

私は絵は書けないし、曲も作れないし、歌もうまく歌えないけれど日本語が書けます。

私にしか書けない文のお仕事を少しずつ増やしていければと思っていますので是非お声がけください。

黄金の体験を。

UMEMARU Inc.代表

湘南ゴールドエナジーエグゼクティブプロデューサー

守屋佑一

UMEMARU Inc.農業事業

農業事業ブログ

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト

湘南ゴールドエナジーとは

湘南ゴールドエナジーランニングクラブ

湘南ゴールドエナジーがドン・キホーテで買える。

湘南ゴールドエナジーがローソンで買える。

ニューアキンドセンターで紹介されました。

湘南ゴールドエナジーは1周年を迎えました。