4年半ぶりに100kmウルトラマラソンに挑戦してきました。

4年半ぶりに100kmウルトラマラソンに挑戦してきました。

前にブログでも書いたが、2013年に北海道サロマ湖の100kmウルトラマラソンに出場し、完走した。

まぁこの界隈だと100km走った人なんてのはわりとたくさんいてあんまり話のタネにもならないのだけれど、走らない人に100km走ったことがあるとかなり驚かれるし、ドヤれるのでわりと自身のアイデンティティーだった。

ウルトラマラソン、ほんっとに楽しくてまたいつか100km走りたいなと思いつつもあの頃ほどの練習量を確保できてないし、まだまだ先だなーって思ってたんだけど、夏のイベントで知り合った短距離チームの兄さんと飲んでるときに100kmを走ってみたいという話を聞き、「自分、走ったことありますよ」と言ったところノリで出ようという話になった。

こんな感じで参加を決めないと、何年先まで先延ばしになるか分からないし、以前走った時の練習方法+それからずっと新たに考えてたウルトラ用の練習方法もあるし時間はないが、ちゃんと目標決めてやれば以前と同じくらい練習できるだろうと高を括ってしまったが甘かった。

自己管理できてないのが問題なので全てが自身の責任なのでどうしようもないが想定の半分以下の練習しか積めず、横浜マラソンも台風で中止となってしまった。

今回出場することになったのは静岡県の南伊豆での「

事前にこのマラソンの運営ボランティアをしている方と知り合いになったのだけれど、曰く「アップとダウンしかない過酷なコース」と聞いていたこともあり正直なところ完走を諦めていた。

走る前から完走を諦めるなんて、と怒られるかもしれないけれど、センスのない自分は前に完走した時毎月330km前後走って道具を揃えてそれでギリギリ完走だったのでこの練習量で完走できるはずがないと思っていた。

けれど、完走こそできなくとも行けるところまで、1kmでも長く走ってやると思って作戦を立てた。以前は突っ込んで後半地獄だったのでできるだけゆっくり走って体力を残そうと。

スタートの朝5時。なまぬるい不気味な風。11月なのに妙に高い気温。

S__5718052

走っていると厚着もしているせいか汗が出てくる。まだ日も出る前からこんな暑いのだから、日が出たらやばそうだなと思い、頼むから夜よ明けるなと叶うはずもなく、尚且つ叶ってはいけない願いをした。

夜が明け、朝になる。生暖かさはそのままだが空模様が怪しい。

雨がぱらついてきたと思ったら、あっという間に豪雨になった。

やばい。防寒具はあるけれど、雨の準備はしていない。本当にタイミングのよいことになんと目の前にはコンビニがあった。すぐさま飛び込み、スマホなどを守るためのビニールとカッパを購入した。

それらを装備し、再び走り出す。ここでかなりの時間をロスしたが、あらかじめゆっくり走ろうと思っているのでなんと気の楽なことか。

走っていくと、海沿いの道。すごく絵になる海。暴風雨さえも絵になる。

S__5718047

不思議なことに、不快感よりなんて楽しく素晴らしいのかという感情ばかりが湧いていた。

さらに国立公園に突入。土砂降りの雨と風と森の風景がなんと絵になることか。

ゴープロを持っていないことをとても後悔した。

このへんのエクストリームなコースが終わると市街地へ。

次第に雨は止み、晴れ間が見える。暑い。

市街地は一瞬で終わり、噂のアップとダウンの繰り返し。

辛かったけど、山や海が綺麗で満足。

S__5718043

港町。また山の中。いくつもの坂。峠。めまぐるしく変わるロケーションを楽しみつつ走る。

S__5718037

マラソンを走っていて思うのは、車で通ることはあってもこの先の人生で絶対に自分の足で踏みしめることのない場所を走らせてもらえてるなぁということ。

それがすごく貴重ですごく楽しい。

そんなことを思いながら無欲で走っていると気づけば時間はちょうど半分の7時間。

このとき走った距離は50.4km。半分を超えている。

「あれ、完走いけんじゃね?」

欲が生まれる。

そうすると途端に走りのリズムが乱れる。

さらにこの辺りから上り坂が急になる。

S__5718030

1kmごとのペースはぐんぐん落ちていき、あっという間にボーダーギリギリに。

それでも必死に走ったが、72kmあたりでどう足掻いても関門に引っかかるくらいの時間帯になってしまいあえなくリタイヤ。

2度目のウルトラマラソンは完走できずに終わってしまった。

と、いうか今まで出場したマラソンで初めてリタイヤした。

完走はできなかったけれど、今回もめちゃくちゃ楽しいレースだった。

特に共に出場した方々と過酷なコースを共有できるのはいい。過酷であればあるほど話が弾む。マラソン旅行はこれだから止められない。

でも心残りではあるのでいつかちゃんと練習してリベンンジに来ようと思う。

S__5718051

171111_MAP

S__5718024

 

黄金の体験を。

UMEMARU Inc.代表

湘南ゴールドエナジーエグゼクティブプロデューサー

守屋佑一

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト

湘南ゴールドエナジーとは

湘南ゴールドエナジーがドン・キホーテで買える。

湘南ゴールドエナジーがローソンで買える。

ニューアキンドセンターで紹介されました。

湘南ゴールドエナジーは1周年を迎えました。

ふるさと納税で、湘南ゴールドエナジーがもらえる。

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト、続々。

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.1The Boots Blood

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.2「デニムマン」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS Vol.3「Cycle Days」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.4「松下靴店」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.5「峯自然園」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.6「石澤商店」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS Vol.7「小田原お堀端 万葉の湯」

GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.1「早朝金時山登山」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.2 「Craftmanship 」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.3「テンナインフェス 」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE  Vol.4 「湘南ゴールド収穫」

SHONAN GOLD ENERGY EXPERIENCE Vol.5「満天バーガー」

SHONAN GOLD SPORTSマラニック Vol.1 秋の湘南・小田原編

SHONAN GOLD SPORTSマラニック Vol.2 秋の足柄・小田原編

湘南ゴールドエナジーイルミネーションin時之栖

農業の問題シリーズは日刊神静民報にて不定期連載中です。

農業の問題4

農業の問題3

農業の問題2

農業の問題1