梅丸復活秘話5

梅丸復活秘話1

梅丸復活秘話2

梅丸復活秘話3

梅丸復活秘話4

90年代後半になると梅丸を活用した取り組み、というのはもうほとんど見なくなった。しかし、かすれた市役所の壁の絵や歩道の絵は消されず、曽我の水道も残り知る人ぞ知るが表舞台には決して出ないキャラクターとなってしまった。

しかし、少なからず梅丸のことを活用し、使い続けた団体もあった。

この写真を見て欲しい。これは農協のみかんの出荷箱の側面だ。梅丸が描かれている。しかし、みかんの箱だからか梅丸の顔がオレンジに塗られている。このダンボール、梅丸がフィーバーしていた90年初頭に作られたのかと思いきや、そうではなく、1999年から2000年ごろに作られたようだ。なぜ、梅丸がまったく使われていないこの時期に梅丸を使おうと思ったのだろうか。真相はいまもわからない。

KIMG1820

私は梅丸の存在を知っていた。90年代後半、この時通学路の梅丸を見て私はどんなことを感じていたのだろう。慣れとは恐ろしいもので多分なにも感じていなかった。おそらく大多数の市民がそうだったのではないだろうか。でもそれは私たちがかつての梅丸を知っていたからの慣れに過ぎない。外から来た人やもっと下の世代の梅丸を知らない人々はかすれた梅丸を見て一体何を感じ、何を思ったのだろうか。

世にも珍しい一度消え去り、それでも不死鳥のように復活した梅丸。

彼はどのように復活し、今また世に現れたのか。

大好評の衝撃連載、現代の小田原大河でもある梅丸復活秘話。今週からは真相に迫る「復活編」に突入する。

時は少し飛んで2010年。くまもんが世に現れ、一躍スターにとなる。同時に世の時流は地域にスポットを当てることに移っていく。

くまもんという超新星の効果かご当地ゆるキャラが量産されていく。

この時、小田原在住の一人の大学4年生が就職も決まり全国を旅して回る。そんな折、たくさんのお土産を目にし、くまもんなども目にし、その青年に一つの思いが生まれた。小田原はなぜ、梅丸を使わないのか。今でこそ梅丸を使うべきじゃないのか。他にも全国には小田原には足りない観光商品がたくさんある。そんな小田原へのやきもきした思いを抱いた。

また時が少し進み。2013年初頭。その青年は社会人になり、少しの経験を積み市民活動を始めていた。そして「小田原ときめき研究会」を思いを同じくする仲間と作った。熱心な読者は以前この連載で取り上げた「小田原ときめき夢まつり」を覚えているだろうか。

そう、市政50周年で梅丸誕生のきっかけとなったあのまつりだ。

そのまつりをもじったこの研究会は、梅丸復活について研究し、実行するための団体だったのだ。歴史というのは簡単に変わる。ちっぽけな一人の人間が動いたくらいで変わる。小田原に北条早雲が西からやってきて歴史が変わり、明智光秀が動いて信長が破れ歴史が変わったように。

歴史とは一人一人が考え、行動し、その積み重なりが大きな歴史となる。

この団体ができたことで、歴史が変わった。梅丸がこのまま衰退し続けなくなるはずだった歴史が修正され、梅丸は復活し、今の小田原でしっかり姿を見ることができる。どのように歴史がかわったのか。その真相とは。

続く。

小田原トーストマスターズクラブ見学記

ちょっと昔、昨年某地元メディアの取材で小田原トーストマスターズクラブの例会に見学にいったときの記事を今更。

ここの方々、しゃべりのレベルがどこの企業のトップセールスか、ってくらいに話がうまい!うますぎる!どのくらいうまいかっていうと、これは本当に僕のボキャブラリーでは言い表せないくらいのうまさでマジで仕事とか、仕事以外でも話術を磨きたいって人は一度見学にいってみるのがおすすめです。

昨年の10月3日土曜日、市内いこいの森で小田原トーストマスターズクラブの第54回例会が行われた。

トーストマスターズとは、元々はアメリカ発祥の言葉を使用し、コミュニケーション能力などを向上するための集まり。主にスピーチやプレゼンテーションなど日常生活や仕事で欠かせない技術を実践している。の現在はアメリカ以外の80ヶ国以上にも広がり、日本にも多数の支部が存在している。ここ、小田原でも2013年に活動がスタートし、月に2回の活動を行ってきた。
普段は市民会館や生涯学習センターけやきなどで活動を行っている
会員は市内だけでなく、秦野や足柄上群にもおよび現在は約20人の会員数とのことだ。
例会の様子は、市民運営のクラブとは思えないくらい本格的で時間を計る計時係や人と話すときについつい口にしてしまいがちな「えー、あー」を何度発したかの「えーとカウンター」なる役職もおかれ実戦で役立つスピーチ力をつけることが出来る。毎月第一・第三土曜日に行われる例会では実際に参加者がプレゼンやスピーチを行う。この日も実際に身振り手振りを交えて熱心にスピーチが行われていた。

その発表はどれも聴きやすく、興味の持ちやすい内容であり、楽しく聞くことができた。人と話す、説明するという言語でコミュニケーションをとる人間ならではの技術。これをうまく出来るようになれば、仕事だけでなくとも、日常生活が円滑にこなせるようになるはず。どんな方にもお勧めできる素晴らしい会だと実際に技術の高いスピーチを聞いたからこそ身をもって理解できた。

小田原トーストマスターズクラブは入会金3000円、月会費1000円。見学は3回まで無料で何度か見学をしてから入会することができる。興味のある方はodawara.tmc@gmail.comで連絡。

小田原トーストマスターズクラブ公式HP

小田原トーストマスターズクラブFacebookページ

DSC_3040

ドン・キホーテの思い出

最初にこの素敵な異空間を知ったのは多分中学2年生の時。当時、一世を風靡したモーニング娘。が出ていたバラエティ番組で彼女たちがゲームの景品にドン・キホーテの商品券をゲットし、喜びのあまりドン・キホーテの曲を歌っていた。

モー娘。がこんなに喜ぶんならそのドン・キホーテってのはすごいにちがいない。そんなことを考えた記憶がある。

そんな僕とドン・キホーテのはじめましては、意外にもすぐにやってきた。このころの僕は色気付き友達と一緒に都内まで服を買いにいき始めていた。

都内といっても町田なんだけれど、それでも小田原市民にとっては十二分に刺激的だったし、東京に来たという感覚で町田に行っていた。

しかし、さすが都内。

ドン・キホーテは町田にあった。

そのお店の中にはたくさんの面白いものが所狭しと並んでいた。少ない滞在時間だが、目をキラキラさせながら、そしてちょっとドキドキしながら僕はドン・キホーテの店内を回った。中学生の持っている少ないおこづかいだ。確か何も買わなかったんじゃないか。それとも、食玩でも買ったんだっけ。残念ながらもう覚えていない。

これが序章。

さて、本番はここからだ。

成長した僕は大学生になった。家から電車で30分のスポーツの強い地元の普通の大学だ。

ここの大学には僕と同じ地元の仲間、しかもしょっちゅう遊ぶ仲の良い仲間がたくさん通っていた。

他にも仲間のほとんどは地元に残っていた。さすが田舎だ。小田原だ。

僕たちは免許をとった。小田原はどこの家も車を所持しているので、頻繁にみんなでドライブをするようになった。

とくに休日前とか長期休みには夜中のドライブをした。

いつも地元を行くあてもなくぐるぐる彷徨った。そうして、最終的にどこか行こうという話になる。けれども夜中に空いている場所なんて限られている。

それならドンキにでもいくか、とそうなるのは必然だった。当時、小田原にドンキはなかったが、となりのとなりのとなりの町、平塚には少し大きなドンキがあった。なんならさらにとなりの厚木にはもっと大きなメガドンキなんてのもあった。

平塚のドンキ通称「平ドン」には当時、カレー屋があり2,5キロのカレーを完食すると特典があった。無謀にも僕らはこれに何度もチャレンジした。一度も成功しなかったけど、楽しかった。

極端に安くなってる食玩を買ったり、謎グッズを買ったり、家電を買ったり、家具を買ったり、駄菓子を買ったり、初デートの前には車の芳香剤を買ったり。

そして、毎回毎回帰り道の眠さを和らげるためにエナジードリンクを買った。

僕たちの中でドンキにいくにはドレスコードがあった。

できるだけ、ラフな格好でいること。

スエット、ハーフパンツ、サンダルetc.

まるでパジャマのようなこの服装を僕らはPスタイルとよんだ。僕ら意外にも、夜中にドンキにいる若者たちはPスタイルが多かった。

ドンキといえばひとつ忘れられないエピソードがある。

僕たちのなかで大学2年生の終わりに麻雀が流行った。

それで、みんなで春休みの夜中にドンキに麻雀牌を買いにいったことがある。

麻雀牌は約3000円くらいで買える。しかし、大学生はいつもいつもピーピーで、お金をあまり持っていない。

4人の財布の中身を合計しても麻雀牌は買えなかった。だから、エナジードリンクとお菓子を買って帰った。

春休みは毎日のようにみんなのバイトが終わると集まり、ドライブする。毎回毎回、麻雀牌を買いに行こうとドンキに行ったけれど、毎回みんなお金がなかった。誰か3000円位持ってるだろうと思っていくが、誰ももってなかった。

そうして、何度目かそんなことを繰り返し、ようやき麻雀牌が買えた。

このときの思い出はいまでも仲間内でも出るときがある。まさに、黄金の体験だった。

もうこの頃は戻らない。夜中に頻繁にみんなで集まってドンキにいくなんてことはないだろうし、行ったとしても当時ほど楽しくはないだろう。

だけれど、ドンキに置かれた湘南ゴールドエナジーを夜中に眠そうな若者が来た時に買っていき、元気を出してまた遊びまわる。

その若者たちもいつしかいなくなってしまうけれど、また下の世代がまた集う。みんな大人になって、たまにドンキに用もなく行ってたことを思い出す。

ドン・キホーテにはずっとそういう場所であってほしい。そのために少しでも湘南ゴールドエナジーが役立てば企画・開発をしたものとして感無量だ。

そう、2016年6月下旬。山形から大阪までのドン・キホーテで湘南ゴールドエナジーが販売開始する。

湘南ゴールドエナジーは、全国へ。

湘南ゴールドエナジー販売予定のドン・キホーテ一覧

・藤沢駅前店

・豊中店

・MEGAドン・キホーテつくば店

・大宮東口店

・山形嶋南店

・梅田本店

・船橋南口店

・小田原店

・MEGAドン・キホーテ厚木店

・草津店

・北42条店

・静岡両替町店

13335825_1207515952614535_4995737539864601923_n

湘南ゴールドエナジー

エグゼクティブプロデューサー

UMEMARU Inc.代表

守屋佑一

SHONAN GOLD ENERGYプロジェクト、続々。

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.1The Boots Blood

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.2「デニムマン」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS Vol.3「Cycle Days」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.4「松下靴店」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.5「峯自然園」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.6「石澤商店」

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS Vol.7「小田原お堀端 万葉の湯」

GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.1「早朝金時山登山」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.2 「Craftmanship 」

SHONAN GOLD ENERGY GOLDEN EXPERIENCE Vol.3「テンナインフェス 」

SHONAN GOLD SPORTSマラニック Vol.1 秋の湘南・小田原編

SHONAN GOLD SPORTSマラニック Vol.2 秋の足柄・小田原編

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.2

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS vol.2

湘南ゴールドエナジーパートナーズ vol.2

デニムマン

実店舗を持たずに、キャンピングカーでデニムを販売している男がいる。

大きな儲けは求めていないという。

お客様に呼ばれれば、店舗ごとやってくる。

どうして、こんなことをしているのか。

彼もまた、黄金の経験を求めているのだろう。

デニムマンのイベント出店時に、5000円以上の商品を購入した方に、湘南ゴールドエナジープレゼント中。

エナジー自体の販売も行っている。

6月12日sunsunマルシェ

6月18日ナカマル

詳しくは、デニムマンにご確認を。

デニムマンについての過去記事

デニムマンBlog

デニムマンHP

13335542_548905848567710_2036873070702701886_n

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS

SHONAN GOLD ENERGY PARTNERS

湘南ゴールドエナジーパートナーズ

The Boots Blood

小田原市板橋に2016年4月、突如現れたThe Boots Blood

ここでは、REDWING BOOTS を中心に、中古靴に特化し、古き良きモノをリペアをして、古き良き時代を再現。

店内所狭しとお宝ブーツが眠っている。否、ブーツしかない。

13413086_809075325893971_1244974041397793233_n

オリジナルTシャツ等を除き、原則的にブーツしか扱っていないのがこの店の特徴。

店主にブーツのことを聞けば堰を切ったように、歴史や成り立ち、どんなブーツがどんなシーンに最適かなどを話し出す。

店の一角には、湘南ゴールドエナジー公式サポーターであるプロレスラーFUMAの写真と、ワイルドに蓋をくり抜かれた湘南ゴールドエナジーの空き缶が置かれている。この空き缶は募金箱となっていて、ここに募金されたお金は先に起こった熊本地震へ寄付される。募金をすると湘南ゴールドエナジーのステッカーもゲットできる。近日店舗で湘南ゴールドエナジーの販売も開始される。

13413518_809075342560636_360095847739162285_n

13335667_809075369227300_5234715609136087041_n

皮の匂いと個性的な店主がいるThe Boots Blood

ここでのブーツ選びはまさに、黄金の体験。

店舗情報

The Boots Blood

神奈川県小田原市板橋91-20

TEL070-3662-8002

営業時間11時~19時

湘南ゴールドエナジーはパートナーシップを結べる法人・団体のお誘いを待っています。

パートナーシップの条件は様々。興味のある方はお問い合わせください。

湘南ゴールドエナジーFacebookページ

The Boots Blood Facebookページ