おだわら駅伝2016 酒匂9連覇!!

15711

おだわら駅伝、酒匂9連覇

1月17日(日)自治会・企業対抗の第9回おだわら駅伝(第66回小田原市内一周駅伝)が開催された。レースの注目は、この大会前まで8連覇中の酒匂地区をどこかの地区が止めるか、それとも酒匂が9連覇を成し遂げるのかということ。

2014年よりコース変更がなされ、中学生の1名以上の参加が義務付けられたことと長い距離の区間が増えたこともあり、年々上位チームが酒匂を追い詰めていることからどこが優勝してもおかしくない展開だった。 私は酒匂に勝ち、優勝の座を射止めることがあるとすれば国府津ではないかと踏んでいた。

全体的に若いチームであり、地域で陸上が盛ん。そしてなにより一人の大エースがいることだ。駅伝はチームスポーツであり、なによりどんなに速く長く走れる選手でも、決まった距離しか走ることができない。である以上、一人の大エースがいたとしても、できることは限られている。 しかし、大エースの存在は、それ以上にチームのメンバーに勇気を与える効果がある。国府津地区のエースの名は樽木将吾。

おだわら駅伝のエース区間とも称される6区の区間記録を持つ実力派のランナーだ。 結果として、今回のおだわら駅伝は優勝は酒匂。9連覇を果たした。注目した国府津は2位。そして3位が桜井。

しかし、2位の国府津は酒匂に7秒差と紙一重でもあった。 樽木選手がスタート前に描いていた青写真は、6区終了時点で、2位に決定的な差をつけ、そのままゴールまで逃げ切ることであったという。 先頭と約1分差で襷を受け取った樽木選手は、「行ける。」と確信していた。 田島山の頂点まで登りきる手前で首位を奪うも、酒匂のランナーも食い下がる。 襷を渡す直前、酒匂の猛スパートに抗えず、秒差で2位での襷リレーとなった。 また、7区、8区の選手も区間一桁の順位で精一杯走りきったが、念願であった酒匂を抜くことは叶わず、7秒差の準優勝となった。樽木選手は昨年と同じく区間賞であり、見事期待に応える走りをしたと言える。しかし、樽木選手は満足していない。思い描いた理想どおりの展開で7区への襷リレーができなかったことがチームの敗因へと繋がってしまったと悔しがる 。樽木選手だけではない。今回の準優勝に満足している者は、国府津チームにはいなかっただろう。「優勝との差、7秒。」 たった7秒差。 反省会では、落ち込んでいる者の姿は見られない。しかし、その秒数は約50メートルを表し、短いようで長い時間。けれども1人が1秒縮めていれば勝てていた。国府津が酒匂の連覇を止めることは決して難しいことではない。国府津地区の反省会では、落ち込んでいる者の姿は見られなかったという。なぜなら、樽木選手を含めた皆の目は、すでに次回のおだわら駅伝の方向を向いていたからだ。 ただし、酒匂も若いチームであり、もちろん来年もさらにレベルがあがるだろう。来年は酒匂が10連覇を果たすのか。国府津地区が連覇を止めるのか。それとも、他の地区が躍進するのか。いまから楽しみである。

 

そして芦子Bチームの6区で走った私はというと、散々な結果だった。

6キロ26分10秒。20人中19位。調子は悪くなかったし、大好きな下りを気分良く走れた。しかし、タイムと順位は無情だ。

正直よくもまぁ163センチ73キロのこの体でここまで走れていると自分では思う。ただし、これはあくまで自分の中で、だ。これが個人レースなら頑張ったで終わりだが、駅伝はそうではない。結果としての順位が重くのしかかる。

今年、通算10回出場でトロフィーをいただくことができた。これは誇りだ。しかし、これから先も走りたいならもう少しだけ、甘えをすてなければならない。

満足はしていない。来年はもう少しだけちゃんと走れれば。毎年こんなことを言っているが、果たしてどうなるだろうか。15回表彰は満足のいく結果で迎えたい。

全結果

160122_0005_001

 

1月17日はおだわら駅伝!コース紹介等々。

DSC_0213お正月の風物詩の箱根駅伝。これは、小田原だけでなく、もはや全国共通の風物詩といって良いでしょう。

大盛りあがりの箱根駅伝だが、小田原の駅伝は箱根駅伝だけにあらず。

皆様は「おだわら駅伝」の存在をご存知でしょうか。

「おだわら駅伝」とは、毎年1月の中旬の日曜日に開催されている自治会対抗の駅伝で、別名「市内一周駅伝」と呼ばれています。おだわら駅伝自体は第9回目の開催なのですが、実は今まで自治会対抗と企業対抗が同じコースで別日に行っていたものを統合し、9回目ということで別に行っていた時代の「小田原市駅伝競走大会」から合わせて第66回となる伝統と歴史のある由緒正しい大会なのです。

自体会対抗駅伝というと、地区の区民祭のような和気藹々とした大会を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、それは大きな間違いで、歴戦の勇士が多く出場するけっこうレベルの高い大会です。

しかし、自治会対抗駅伝らしく、インターネットなどでコースや記録などの詳細を見ることは難しいです。

2年前にコース変更されて、わからない人も多いと思い(というか、自分で毎年どこがどこかわからなくなるので)ここに詳しくコース解説を掲載しました。

走る方、参考にしてみてください。

交通規制も行われるので、出かける方はご注意を!

・コース紹介

今年のおだわら駅伝の開催日は1月17日(日)8時20分スタート。全長は35.9km。女子一人を必ず含む8人で襷を繋ぐ。

スタート場所は小田原アリーナ。2年前までは小田原市役所をスタート・ゴール地点としていた。

この第1区は4.6km。2区中継所の小田原市役所まで扇町から国道255号線を経由し、比較的平坦なコースを走る。1区は特別長い距離ではないが、ここで出遅れると後のレース展開も大きく変わってきてしまうので、各チームは選手の配置に悩みどころ。また、駅伝は後になればなるほど大きくばらけてしまうが、スタート直後のこの区間は選手がダンゴ状態で迫力がある。

続く第2区は中学生区間。市役所から丹羽病院前の坂を登り、一気藤棚まで駆ける2.2kmのコース。コースが短いが、坂があり、ペース配分が難しいコース。中学生しか走れないコースということもあって例えば、現役で中学の部活で陸上を行っている中学生がいるかどうかでだいぶ順位も変わり、強い地区でも一時沈んだりすることもあってここも見応えは抜群。

続いて藤棚から県立小田原ビジネス高校前まで3区。2.7kmの女子区間。

ここから国道1号線ということもあり、いわずと知れた箱根駅伝とコースが被りランナーたちにとっては嬉しい。この女子区間も強い地区だからといって早い女子が在籍しているわけではなく、また、一人のスーパーエースがいればごぼう抜きもありえるとあって面白い展開がありそうだ。

続いてビジネス高校前からしまむらストアー橘店駐車場までは6.6kmの4区。ここも国道1号線を走り、ほぼ平坦で長めのコースとあって適正というより普段からの練習の成果がダイレクトに反映されるとあって激戦が必至の区間だ。

しまむらストアーから下中の明沢児童館まではレースも終盤に入る3.2kmの5区。短いコースだがゆるやかな登りが続く。ここではあまり順位の変動がない所謂繋ぎの区間。そして次の6区はエース区間とも称される高田浄水場までのコース。国府津地区の樽木選手によると山を越え、国府津の街を駆け抜けると地元であるために沿道の方から大きな声援をいただきそれが力になる「地元のために頑張ろうと」と思えるコースとのこと。ひたすら田島の農道アップダウンのきついコースを走る魔のコースだ。ただ平地が速くても、ペース配分、坂道の適正、さまざまな条件が複雑に絡み合う。そして農道ということもあり、応援の声がほとんどないのも特徴。選手たちは孤独で辛い戦いをすることになり、一段と体力が奪われる。続いて浄水場からは小田原球場まで平坦な3.6kmの7区。アンカー前で短いコースということもあって各地区スピードランナーを揃えている。この頃にはかなりランナーがばらけていて繰り上げスタートのチームも多くなり、ぱっと見たところは順位がわからない。しかし、繰り上げ一斉スタートということは選手たちは再びスタートの時と同じように団子状態になっているのでまた見応えも大きい。そして小田原球場からアリーナまではついに最終区間8区。ここは一番長い7km。リレーなどと違い、長い距離で襷をつなぐ駅伝はアンカーで大どんでん返しが起きるということはほとんどない。しかし、それでも逆転の目を信じアンカーは必死に走る。そして長き旅を終え、アリーナで有終の美を飾るのだ。

気になる大会の行方だが、小田原市の強化選手が数多く在籍する酒匂地区がなんと現在8年連続で優勝している。果たして酒匂の連覇を止める地区が現れるのか、それとも例年通り酒匂の優勝となるのか。

また、仲間や相手がいるといっても、駅伝のレースの大半で選手は孤独に走る。

走っている最中はとても辛い。そんな折、沿道からの観客の「がんばれー!」「ファイトー!」などの声援がどれだけ嬉しく、励みになることか。ぜひ、これを読んだ皆様は、1月17日、沿道で選手に箱根駅伝さながらの応援と歓声を送ってほしい。

最後に自分なりの決意を!

「私は今年走ることができれば10回出場の表彰を受けることができる。物事を継続して行うことの辛さは知っているつもりで10年続けられたというのはとても誇りに思う。じつは一昨年、この駅伝に参加してから初めてレギュラー落ちを経験した。仕事や私生活が忙しくなったし、夏に走った100キロマラソンの影響で大きな故障をしてしまい、練習をすることができなかった。それでも、駅伝にはついて回ったし少なからずサポートを行った。なぜならば、毎年参加するなかで選手ではない地域の皆さんが付き添いや車出し、打ち上げの準備などをしてくれる姿を目の当たりにしてきたなかで自分も走れなくなったときは駅伝に参加することを辞めるのではなくて、いままでもらった恩を返すために必ずサポートにまわろうと考えていたからだ。正直なところ、このまま裏方に回り毎年サポートをして地域に貢献するのも悪くないと考えた。正直レースは辛いし、裏方でも駅伝の楽しさは共有できるし、貢献もできる。そしてなにより美味しいお酒も飲める。しかし、昨年、芦子地区は集まった選手の人数が多く2チーム出せることになり、思いがけず選手に復帰した。2年ぶりの駅伝はとても苦しかった。けれど、やっぱり他の地区の選手と競いあって、真剣に戦って、全然勝てなくて悔しくてでも、とても楽しかった。裏方をやるのは嫌じゃない。だけどまだまだ選手として駅伝を走りたい。そう思い練習に励んでいる。やっぱり昔のようには走れないけど、できる限り頑張りたい。今年も裏方の方々に感謝しつつ少しでも地域に貢献できるように頑張ります。」

 

箱根駅伝を応援するこやわた会2016

S1020036

小田原のみならず、日本中のお正月の一大イベントといえば箱根駅伝。毎年沿道には県内外から多くの人が観戦に訪れます。

かくいう僕も、毎年選手が来る2時間前から中継所のメガネスーパー前に陣取っています。今年は、縁があり知り合って協力させていただいている「箱根駅伝を応援するこやわた会」を準備から手伝い、一緒に観戦させていただきました。

箱根駅伝を応援するこやわた会は全校満遍なく応援している唯一の応援団体。観戦客にもちつきや甘酒を振る舞うなど、毎年大盛況。なんと11年目。

こやわた会では、特定の大学だけでなく、出場全校からの旗を集まり、道路に一斉に掲げます。

さらに地元の太鼓保存会が演奏することもあって、走る選手たちにも多少は聞こえたのではないでしょうか。

また、例年の目玉としての箱根駅伝出場校から提供されたオリジナルグッズが当たる大抽選会にも観戦客が集まります。特に箱根駅伝の常連、駒沢大学の帽子は多数提供されたのか、たくさんの人が当選し、かぶっていました。駒沢監督といえば、キャラクター性も抜群の大八木監督が有名で小田原にもファンが多く、当選した方々は喜んで帽子を被り、駒沢大学の旗の前で記念撮影などをしていた姿が印象的。僕も大八木監督の熱い叫びが大好きです。

S1020009

こんなにたくさんの商品が集まるのも、10年以上続けたこやわた会と大学の信頼関係がしっかりとあるからですね。

レースの行方はというと、青山学院大学が途中から独走し、往路、復路共にレースを制しV2。2位の東洋大学に約2キロ差と力を見せつけた。しばらくは箱根駅伝は青山学院の時代かもしれません。

さて、レースが終わったあとも箱根駅伝フィーバーは少しだけ続きます。生で見た一流選手たちの実力に感化されてか、市内ではランニングしている方が一時的に増える傾向にあります。自分の印象ですが笑

子供達の姿も見受けられ、彼らの中から未来の箱根駅伝選手も出るのではないかと期待できますね。ちなみに僕はほぼ毎日走っていますので、逆にこの日走って箱根駅伝に感化されたと思われるのが少しだけ嫌です笑

そんなこと思っている人はいないかもですが笑

1月10日には真鶴半島駅伝、1月17日にはおだわら駅伝、3月には尊徳マラソンやオレンジマラソンなど大会が目白押し。

箱根駅伝だけでなく、こちらもぜひ沿道から声援を送ってみてください!

熱い夏

http://highschool.nikkansports.com/2006/summer/news/p-hb-tp0-20060718-0002.html

s-bb-060718-5-ns

熱い夏
日本人なら夏の風物詩として甲子園を連想する人は多いだろう。毎年、この甲子園を目指すため約4100校×部員数のドラマがある。全てを賭けて野球をしている球児。片手間で部活をやっている球児。いろんな形があるけれど、すべての人にそれなりのドラマがきっとある。とにかく高校野球とはそれくらい凄い。
昨年の夏、数年ぶりに 母校の一回戦を観戦しにいった。高校3年間の全てを野球に費やし、20歳から2年間母校に雇われコーチをしていた僕にとって母校への想いはひとしお大きい。
しばらく野球の現場から離れているのでいまの選手たちは知らないから、ただ漠然と野球を見ながら昔のことを思い出していた。
僕が在学していたころの野球部はすごかった。息子がプロ野球選手になっちゃうようなエリート監督のもとで泥臭く、激しく、青春の全てを賭けて野球に打ち込んでいた。
毎週土曜の朝3時に学校に集まり県外へバスで泊まりの合宿試合に出向く戦いに明け暮れるあの日々。
監督と共に行くスーパー銭湯。サウナ練。監督家合宿。入院者が出るくらいの激しい冬のトレーニング。
いまの僕のパーソナリティのほとんどがこの3年間で作り上げられたことは間違いない。
このような特異な野球部だが、もう一つ普通の公立の野球部との大きな違いがあった。
それは、チームメイトのほとんどに所謂「友情」のつながりがなかった。
別にそれを悔いているわけではない。
むしろ、そのおかげで僕たちは強い集団だったのだから。
僕たちの野球はただ「勝つ」ためのみの戦闘集団。容赦なく全力でぶつかる集団。それは敵だでけなく、もちろん味方にだってだ。仲良し集団ではないので本当に容赦はない。本気で罵声を浴びるし、本気で叱る。全ては「勝つ」ために。
その甲斐あって夏は4回戦に進むことができた。あれ以来あそこまで熱い夏はまだ来ていない。
俺たちは決して友達ではない不思議な関係だったけれど、だからこそ「勝ち」という目的のため繋がっていた。普段はあまり話さなくとも、試合になると一丸となり敵に向かって咆哮をあげ、ふぬけた味方には喝を入れた。一人一人が青春の炎を燃やしていた。
その後「勝ち」という目的がなくなった僕らは見事にバラバラになり、(繋がる必要がなくなったからだし、これをまったく寂しいと思わないんだけれど)会うことはなくなった。高校を卒業以来、一部の後輩たちとはよく会うけれど、同級生のキャプテンとは数回だけ会い、一回だけ飲んだ。エースだったやつとは一度も会ってないしなにをしているのかも知らない。もう一人の同級生はたまに草野球の舞台で見かけるが特に挨拶もしない。でもそういえば、キャプテンとこいつは僕がコーチをやっているときに何度か手伝いに来てくれた。そのとき僕も彼らも勝ちたいと思っていたのだろう。
戦士同士、男同士なんてこんなものだ。そして僕らはみんなこのことを寂しいとは思わないし、集まろうとも思わない。
けれども、確かに僕らは戦った。もうこのメンバーで戦うことはないのだろう。
だんだん人は大人になり、全能感がなくなり、勝ちを求めなくなり戦いをやめる。彼らのなかにはもう落ち着いたやつもいるだろう。
風の噂で僕らの監督はいまだに戦いを続けていると聞く。あの人は根っからの戦士だ。きっとまだまだ戦い続けるのだろう。監督の教えを色濃く受け継いでいる僕もなんとか戦い続けている。彼らといつか酒を酌み交わす機会があるとすれば、それは戦いがすべて終わってからでいい。現在進行形で戦っている人間に昔の戦いの思い出はまだ早い。
古豪と呼ぶほどには長く続かなかった栄光時代。ただ、確かに僕たちは星屑として輝いていた。
人生に勝ち負けなんてないし、勝ちばかりがすべてじゃないなんてよく言うが、僕は決してそうは思わない。もちろんすべてに勝つことは不可能だけれど、自分なりの価値を求めて勝ちの基準を決め突き進まなければそれはつまらない人生だ。
僕ももう少しだけ戦おう。あの熱かった夏を目指して。

申年

DSC_3831

新春、あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

今年、2016年は申年ですね。

実は小田原と猿はなかなかに縁が深いです。

さっそくですが、この写真の絵がなにかわかりますか。

これは、小田原市役所の駐車場に降りる際の壁にある絵。

猿がカゴを持っている写真ということで、熱心な市民ならすぐになにを表しているかピンとくるでしょう。小田原ゆかりの童謡「お猿のかごや」をイメージしている絵だと思われます。

お猿のかごやはその歌詞の中に、「小田原提灯ぶらさげて」というフレーズがあります。

2014年の秋からは小田原駅東海道線の発車ベルの音楽としても使われ始めたことで、電車を使う方には馴染み深いのではないでしょうか。

小田原で猿といえば忘れてはいけないのが小田原城のお膝元、小田原城址公園。

まだ覚えている方も多いと思いますが、小田原城址公園は少し前まで、休日になると市内外から多くのお客さんが動物目当てに訪れる動物園でした。像のウメ子に限らず、ライオン・白クマ・クジャクなど有名動物園に劣らないラインナップで私も幼き頃夢中になって足を運んだものです。

しかし、時の流れは残酷で一匹、また一匹と去り、条例などの壁もありもはや動物園の再建は難しいと思われます。

歴史的建造物、というこは理解できますが半世紀続いた動物園はもはやこの場所の歴史の一つではないでしょうか。

と、湿っぽい話になってしまいましたが、まだ1種類だけ動物は存在しています。

猿だけじゃさみしいですが、動物園があった名残として猿がいるのも悪くないかと。なにより申年の今年にここにこやつらが存在しているのは運命ではないでしょうか。

小田原絵巻のキャラクターたちのなかにも猿のキャラクターがいます。このキャラは。忍者。殿様を運ぶかごやを行っていたが、鉄道にその役をとられ、いまは忍者をしています。

小田原絵巻は本丸売店のお土産、ラッピング自販機などおかげさまで露出が増えているだけに、今年はこのキャラが皆さんの目に映る機会が多くなれば。

さらに、なんの因果か小田原では現在、畑を荒らす動物たちが問題になっています。(参照:農業の問題1

特に猿が多く、板橋などで発生しているので、まちに来てしまう可能性もあります。12月上旬には、全国テレビのニュースで小田原の猿が報道されていました。2016年の小田原。猿は縁起の良い動物として小田原に益を運んでくれるのか、それとも害を運ぶのか・・・