鶏小屋に望まれぬ来訪者。

昨年5月にヒヨコを購入し、畑の隅に簡単な小屋を設置し、毎日毎日餌をやっています。

昨年11月よりは卵を産むようになって、美味しく頂いております。

しかし、ここ3週間くらい、卵がありませんでした。年をとると卵の生みが悪くなりますが、まだうちの鶏は1歳になったばかり。

原因を解明しようと近所の養鶏農家に相談に行き、餌が悪いということになりました。確かに餌を変えたタイミングと同じくらいから卵を産まなくなったような・・・

いま使っている、屑米ではかえって脂がつきすぎてだめみたいです。

これでまた、餌を変えて新鮮卵ライフを、と思いおとといいつものように餌をやりに畑にいった所、そこにはもう一つの衝撃の真実がありました。

その光景をお見せしましょう。

DSC_1784

鶏がいつもより暴れているので、おかしいと思い、小屋を開けたところ、僕はフリーズしてしまいました。ご覧の通り、蛇がいたのです。それもただいただけでなく、鶏が卵と糞を排出するお尻の穴に顔を突っ込んでいるのです。蛇はこの状態で息ができているのか・・・おそらく、このだめな餌を使用している間もきっと少しは卵を産んでいたのでしょう。しかし、それらはこの蛇が毎日食べてしまっていたのではないでしょうか。そして、お腹が減って我慢できなくなった蛇は卵をダイレクトで食べるために、鶏のお尻に顔を突っ込んだと。

それか、まさかありえないとは思いますが、この数日間、鶏の体内に住んでいた可能性も・・・

とにかく、このままじゃいけないと思い、草取り鎌で攻撃しました。ウネウネ動く蛇の尻尾に擦り、その衝撃で蛇が穴から出てきました。ハンターのはしくれ。絶対に仕留めるつもりで攻撃しましたが、素早い動きであっという間に草むらへ。

鶏小屋の点検をしましたが、ハクビシンやイノシシにやられないように巻いているネットなどに穴は見つからず、おそれく柔軟性を活かして、小さい穴か小屋の蓋の隙間から入ってきたのではないかと思われます。

実際、いまのところなにも蛇対策がとれていません。鶏のためにも、卵のためにもなにか良い対策があればいいのですが・・・